リリアナ・ヴェス/Liliana Vess

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Liliana Vess / リリアナ・ヴェス (3)(黒)(黒)
プレインズウォーカー — リリアナ(Liliana)

[+1]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。
[-2]:あなたのライブラリーからカードを1枚探し、その後あなたのライブラリーを切り直し、そのカードをその一番上に置く。
[-8]:すべての墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを、あなたのコントロール下で戦場に出す。

5

ローウィン初出のプレインズウォーカー忠誠度能力手札破壊サーチ、大量リアニメイト

+1能力
1枚の手札破壊。
戦場に出して即座に対戦相手手札を1枚捨てさせることができ、カード・アドバンテージを稼ぐことができる。うまくいけば忠誠度を上げつつ相手の対処方法を奪うことができるだろう。ただし、これ自体が5マナ重いため、展開が速いデッキに対しては効果が薄い点には留意すべきである。
-2能力
吸血の教示者/Vampiric Tutorを彷彿とさせるサーチ。
精神石/Mind Stoneなどで、サーチしたカードを即座に手に入れられる状況を用意しておくと効果的。また、激突などのライブラリーの一番上のカードを参照する能力との相性もよい。
-8能力
後に登場した闇の領域の隆盛/Rise of the Dark Realmsと同じ効果の大量リアニメイト。
対戦相手の墓地クリーチャー自分コントロール戦場戻せるのは強烈。墓地が豪華な状況であれば完全にエンドカードである。しかし、近年は強力な墓地対策カードが増えてきているので過信は禁物。

理想は1番目の能力でアドバンテージ確保かつクリーチャーを墓地に溜めさせ、3番目の能力に繋げてゲームエンド、という流れである。1番目の能力は自分対象にできるため、フィニッシャーを墓地に落としておくのも有効。欠点は奥義以外で戦場に触れないこと。-2能力で除去を持って来るにしてもワンテンポ遅く、5マナと重いためビートダウンデッキ相手には悠長すぎる嫌いがある。一方で対コントロールデッキでは1番目の能力で決定的なアドバンテージ差を稼げるので有効である。スタンダード環境では青黒コントロールなどで少数採用された。基本セット2015での再録後は各種の黒を含むミッドレンジやコントロールデッキでしばしば採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィンプレインズウォーカーサイクル忠誠度が「プラス」、「小マイナス」、「大マイナス」になる3つの忠誠度能力を持つ。いずれも基本セット2010基本セット2011神話レアとして再録された。

基本セット2015プレインズウォーカーサイクルリリアナ・ヴェス/Liliana Vess紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster再録

他にも、多色カード頂点捕食者、ガラク/Garruk, Apex Predatorが存在している。

[編集] ストーリー

詳細はリリアナ・ヴェス/Liliana Vess (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif