The Rock

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

The Rockは、黒緑コントロール寄りなグッドスタッフ。正式にはThe Rock and His Millions(「ロック様とその100万のしもべ」の意)。WWEのスーパースター、ザ・ロックのキメ台詞であり、最初期に入っていたボードコントロールクリーチャーファイレクシアの疫病王/Phyrexian Plaguelordが、自軍の他のクリーチャーを弾丸として使い、次々に墓地送りにしていった様子と掛けている。

元は旧エクステンデッドに存在した黒緑コントロールを指していたが、最近では、黒緑グッドスタッフの総称として用いられ、ビートダウン寄りのものも含まれることが多い。

目次

[編集] 概要

に多いアドバンテージクリーチャーと、コントロールカードを主にしたグッドスタッフ

アドバンテージ面に優れ、さらに強力な手札破壊や、高性能なサーチを使用したシルバーバレット戦略により多分な汎用性を持つ。強力なコントロール要素を持ったデッキであり、対コントロール・対ビートダウン問わず安定した戦いが見込める。しかし汎用性の高さ・高い安定感とは決定力に欠けるという弱点の裏返しであり、時に「器用貧乏」と揶揄されることも多い。突破力のあるデッキに最高の回りをされると手も足も出ない、打ち消しを用いないことから対策を怠ったカード1枚に負けるなどが弱点である。

デュアルランド時代から長期にわたって活躍したデッキである。

[編集] ゼンディカー・ブロック参入後

エクステンデッドローテーションによりそれまでの主力だったアポカリプスカードを失う。しかし、そこを他のカードで補ったデッキも登場し、依然健在である。

永遠の証人/Eternal Witness台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finksなどのアドバンテージクリーチャーを多用し、デッキ次第では壌土からの生命/Life from the Loamエンジンも組み込まれる。


Maelstrom Pulse / 大渦の脈動 (1)(黒)(緑)
ソーサリー

土地でないパーマネント1つを対象とする。それと、そのパーマネントと同じ名前を持つ他のすべてのパーマネントを破壊する。



Life from the Loam / 壌土からの生命 (1)(緑)
ソーサリー

あなたの墓地にある土地カードを最大3枚まで対象とし、それをあなたの手札に戻す。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)



Eternal Witness / 永遠の証人 (1)(緑)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

永遠の証人が戦場に出たとき、あなたの墓地にあるカード1枚を対象とする。あなたはそれをあなたの手札に戻してもよい。

2/1

ゼンディカー後のエクステンデッドでは様々な試行がされ、混沌としている。

2色のものだけを見ても、

など多岐に渡り、メタが多様であるのを示すと同時に、The Rockが構築の幅の広いデッキであることも示している。

[編集] ローウィン・ブロック参入後

未来予知の超強力クリーチャータルモゴイフ/Tarmogoyfを筆頭に、優良手札破壊思考囲い/Thoughtseize・強力プレインズウォーカー野生語りのガラク/Garruk Wildspeakerなどが登場。ショックランドも健在なため、多色化したデッキが主流である。


Tarmogoyf / タルモゴイフ (1)(緑)
クリーチャー — ルアゴイフ(Lhurgoyf)

タルモゴイフのパワーは、すべての墓地にあるカードのカード・タイプの数に等しく、タフネスはその点数に1を加えた点数に等しい。

*/1+*


Thoughtseize / 思考囲い (黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは手札を公開する。あなたはその中から土地でないカードを1枚選ぶ。そのプレイヤーはそのカードを捨てる。あなたは2点のライフを失う。


タルモゴイフの追加でビート・コントロールへの傾斜が強まったため、特にタッチしたタイプは黒緑白PT Junkとの境界は曖昧になりつつある。また、同時期のスタンダードで活躍した黒緑エルフ等の黒緑ビートダウンThe Rockの名で呼ばれることがある。

それとは逆に、追加のリセット手段として死の雲/Death Cloud滅び/Damnationを採用したデスクラウドも登場した。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (18)
4 永遠の証人/Eternal Witness
4 ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch
2 貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth
4 桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
呪文 (19)
2 燻し/Smother
2 陰謀団式療法/Cabal Therapy
1 強迫/Duress
4 破滅的な行為/Pernicious Deed
2 ジェラードの評決/Gerrard's Verdict
4 名誉回復/Vindicate
3 思考囲い/Thoughtseize
1 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
土地 (23)
2 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
3 森/Forest
3 神無き祭殿/Godless Shrine
3 草むした墓/Overgrown Tomb
1 平地/Plains
3 沼/Swamp
1 寺院の庭/Temple Garden
3 樹上の村/Treetop Village
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
サイドボード
2 クローサの掌握/Krosan Grip
4 虚空の力線/Leyline of the Void
2 滅び/Damnation
2 燻し/Smother
2 頭蓋の摘出/Cranial Extraction
1 強迫/Duress
2 根絶/Extirpate

[編集] ラヴニカ・ブロック参入後

ローテーション後の開幕戦となったプロツアーロサンゼルス05では振るわなかったが、ショックランドにより多色化が容易となり、黒緑に一つタッチしたデッキが登場。

をタッチしロクソドンの教主/Loxodon Hierarchなどを加えたもの、を加えてけちな贈り物/Gifts Ungivenを採用したけちマルカ(Gifts Rock)なども登場した。


Gifts Ungiven / けちな贈り物 (3)(青)
インスタント

対戦相手1人を対象とする。あなたのライブラリーから異なる名前のカードを最大4枚まで探し、それらを公開する。そのプレイヤーはそれらのカードから2枚を選ぶ。選ばれたカードをあなたの墓地に置き、残りをあなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す。


[編集] 神河ブロック参入後

ミラディン参入前後のエクステンデッドティンカーゴブヴァンテージの荒れ狂う超高速環境であり、The Rockの活躍の舞台はなかった。ダークスティールデッキタイプに噛み合った超強力装備品頭蓋骨絞め/Skullclampが登場するも、活躍を待たずに禁止カードに。

逆に神河物語では大きな恩恵を受けている。桜族の長老/Sakura-Tribe Elder木霊の手の内/Kodama's Reachの追加でランドブーストに磨きがかかり、夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Starは新たなフィニッシャーとなった。さらに頭蓋の摘出/Cranial Extractionは対コンボに有効なカードである。


Sakura-Tribe Elder / 桜族の長老 (1)(緑)
クリーチャー — 蛇(Snake) シャーマン(Shaman)

桜族の長老を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

1/1


Kokusho, the Evening Star / 夜の星、黒瘴 (4)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon) スピリット(Spirit)

飛行
夜の星、黒瘴が死亡したとき、各対戦相手は5点のライフを失う。あなたは、これにより失われたライフに等しい点数のライフを得る。

5/5

しかし、これらの新戦力も器用貧乏というこのデッキの弱点を拭い去ることはできず、プロツアーコロンバス04でベスト8進出者は無し。その後も目立った活躍は見られなかった。

メタゲームの変遷に合わせる形で、野生の雑種犬/Wild Mongrel等の軽量アタッカー梅澤の十手/Umezawa's Jitte等の装備品を採用し黒緑ビートダウンへとシフトした京都迷宮案内(Macey Rock)も登場した。

[編集] オンスロート・ブロック参入後

エクステンデッドローテーションでも失ったカードは少なく、逆にジャッジメント生ける願い/Living Wishオンスロート貪欲なるベイロス/Ravenous Balothをそれぞれ獲得。開幕戦となるプロツアーヒューストン02でもベスト8に2人を送り込んだ。→*1


Ravenous Baloth / 貪欲なるベイロス (2)(緑)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast)

ビースト(Beast)を1体生け贄に捧げる:あなたは4点のライフを得る。

4/4


Living Wish / 生ける願い (1)(緑)
ソーサリー

あなたは、ゲームの外部にあるあなたがオーナーであるクリーチャー・カード1枚か土地カード1枚を選び、そのカードを公開し、あなたの手札に加えてもよい。生ける願いを追放する。


だが青緑マッドネスの台頭で、3ターン目にでてくる尊大なワーム/Arrogant Wurmによって点数で見たマナ・コストに依存する破滅的な行為の効果が薄くなり、起動した返しに出てくる墓地ワームの咆哮/Roar of the Wurmにも対処しづらかったので、一時期トーナメントシーンから駆逐された時期もあった。この時期はクリーチャー戦が主体となったため、タッチして終止/Terminate火炎舌のカヴー/Flametongue Kavuが投入された。後にサイカトグマッドネスを食い始めまた復活するなど、興味深いメタの変遷がある。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (14)
4 極楽鳥/Birds of Paradise
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder
2 魂売り/Spiritmonger
呪文 (23)
4 強迫/Duress
4 吸血の教示者/Vampiric Tutor
4 陰謀団式療法/Cabal Therapy
4 悪魔の布告/Diabolic Edict
1 生ける願い/Living Wish
1 チェイナーの布告/Chainer's Edict
1 帰化/Naturalize
4 破滅的な行為/Pernicious Deed
土地 (23)
1 黄塵地帯/Dust Bowl
4 樹上の村/Treetop Village
4 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
7 沼/Swamp
7 森/Forest
サイドボード
4 貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth
2 帰化/Naturalize
1 次元の狭間/Planar Void
1 生ける屍/Living Death
1 要塞の監督官/Stronghold Taskmaster
1 消えないこだま/Haunting Echoes
1 顔なしの解体者/Faceless Butcher
1 マスティコア/Masticore
1 起源/Genesis
1 魂売り/Spiritmonger
1 黄塵地帯/Dust Bowl

[編集] デュアルランド期

The Rockの発祥はデュアルランド時代のエクステンデッドに遡る。特に、アポカリプスで加わった黒緑パワーカード(特に破滅的な行為/Pernicious Deed魂売り/Spiritmonger)を主力としている。


Pernicious Deed / 破滅的な行為 (1)(黒)(緑)
エンチャント

(X),破滅的な行為を生け贄に捧げる:点数で見たマナ・コストがX以下の、すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。



Spiritmonger / 魂売り (3)(黒)(緑)
クリーチャー — ビースト(Beast)

魂売りがクリーチャーにダメージを与えるたび、魂売りの上に+1/+1カウンターを1個置く。
(黒):魂売りを再生する。
(緑):魂売りは、ターン終了時まであなたが選んだ1色の色になる。

6/6

全体除去である破滅的な行為を意識して、クリーチャー永遠の証人/Eternal Witnessなどの187クリーチャースパイクの飼育係/Spike Feederのような使い捨て能力持ち、魂売りのような再生持ちなどが採用される。

また、生ける屍/Living Deathを搭載しボードコントロールを強化したタイプはマルカ・デスと呼ばれる。

[編集] 参考

QR Code.gif