根絶/Extirpate

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Extirpate / 根絶 (黒)
インスタント

刹那(この呪文がスタックにあるかぎり、プレイヤーは呪文を唱えられず、マナ能力でない起動型能力を起動できない。)
いずれかの墓地にある、基本土地カード以外のカードを1枚対象とする。それのオーナーの墓地と手札とライブラリーから、同じ名前を持つカードをすべて探し、それらを追放する。その後そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


墓地にあるカードのうち1種類を、戦場以外から文字通り根絶してしまう。しかも時のらせんキーワード能力である刹那も付いているので、妨害はほぼ不可能。消えないこだま/Haunting Echoes下位種、墓地版ロボトミー/Lobotomy、墓地にあるカード名しか宣言できない頭蓋の摘出/Cranial Extraction、といった所か。

墓地を利用するデッキにとってはまさに天敵。デッキのキーカードを1マナ(しかも妨害不可)で根絶されてしまってはたまったものではない。特にコンボデッキだとその場で投了ということにもなってしまいかねない。

今までのロボトミーの亜種と異なり、これ単体では確実なアドバンテージを得づらいのが最大の欠点。手札破壊などと組み合わせることで墓地を利用しないデッキにも手痛い一撃を与えることは可能ではあるが、一般的には単純な墓地対策カードとしてサイドボードから登場することが多い。

スタンダードでは、炎まといの天使/Firemane Angel獣群の呼び声/Call of the Herdなど、墓地から睨みを利かせるカードへの回答となる。また時のらせんブロックを含む時期のスタンダード環境が、太陽拳殉教者トロンに代表される墓地利用の盛んな環境であることも追い風。エターナルでは墓地対策が必須となるので、このカードがサイドボード、場合によってメインデッキから潜んでいることも少なくない。

アドバンテージを失わない死体焼却/Cremateとの比較は重要。特にある程度スピードがあるデッキならば、対リアニメイトにおいては1回リアニメイトを妨害するだけで十分なことも多い。

[編集] 参考

QR Code.gif