割り振る

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

割り振る/Dividedistributeとは、何か(主にダメージカウンター)を複数のオブジェクトプレイヤーに分けて割り当てることである。


Pyrotechnics / 発火 (4)(赤)
ソーサリー

望む数のクリーチャーとプレイヤーの組み合わせを対象とする。発火はそれらに、4点のダメージをあなたが望むように割り振って与える。


目次

[編集] 解説

呪文能力によって、対象とする1つ以上のオブジェクトやプレイヤーに何かを割り振る場合、いずれのオブジェクトやプレイヤーにも最低1つは割り振らなくてはならない。

  • 例:発火/Pyrotechnicsは、好きな数のプレイヤーやクリーチャーを対象にできると書かれているが、0点のダメージを割り振ることはできないため、普段は最大で4つまでの対象しか取ることはできない。また、対象に取ったならば1点(銀枠なら1/2点)以上のダメージを割り振らなくてはならない。
  • 例:とどろく雷鳴/Rolling ThunderX=0で唱えた場合、対象にダメージを割り振ることができないため、対象を取らない呪文になる。
  • 戦闘ダメージの割り振りなど、「対象」のルールを用いないものはこのルールの適用外であり、0点のダメージを割り振るようにしてもよい。

呪文や能力が対象に何かを割り振る場合、それぞれの対象にどのように割り振るのかの宣言は、呪文を唱えたり、起動型能力起動したり、誘発型能力スタックに置いたりする際、対象を指定した後に行われる。解決時ではない。

  • 石の顎/Jaws of Stoneが解決時ではなく唱えた時にコントロールしていたの数を参照するのは、このためである。
  • 唱える時(またはスタックに置かれる時)に割り振りは宣言しているため、解決前に一部の対象が不適正になったとしても、残りの対象には宣言した値が割り振られる。

[編集] その他

以前は、呪文や能力が対象に取っていないものに対して割り振る場合でも、上記のルールが適用されていた。「対象に取っていないものに割り振りを行う」唯一のカードとして液状の火/Liquid Fireがあったが、2009年4月24日に液状の火のオラクルが変更されたことでそのようなカードはなくなり、現在のルールに改められた。

その後、「対象に取っていないものに割り振りを行う」カードとして新たに野生の狩りの達人/Master of the Wild Huntが作られたが、そちらは現在のルールを前提にデザインされている。

訳語が一定しないルール用語でもある。古い日本語版では振り分けるが主流だったが、マスクス・ブロックオデッセイ・ブロックでは分割すると訳した。オンスロートから「割り振る」と訳すようになったものの、近年にも「分割する」がみられる。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif