上位互換

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

上位互換 (Strictly Better)とは、カードの性能の比較で用いられることがある表現。

目次

[編集] 概要

カードを比較する際、同じ能力でありながらマナ・コストが軽いとか、同じマナ・コストでありながらパワータフネスが高いなど、一方がもう一方に明らかに勝るような場合をいう。例えば、映像の造形者/Imagecrafter脱走魔術師/Fugitive Wizardの上位互換である。

ただし、100%厳密な意味での上位互換は1枚たりとも存在しない。上位互換の正確な定義は「あらゆる局面で一方が優れている」ことであるが、そのようなことは絶対にありえないからである。霊感/InspirationAncestral Recallにすら、それは当てはまる(#100%の上位互換が存在しない理由も参照)。

[編集] M:tG Wikiでの方針

以上のように厳密な意味での上位互換は存在しないが、普通は単独での使い勝手のみで考えることが多いし、その方が実用的である。またそのようにしないと、上位互換、下位互換という形で比較すること自体が難しくなる。

よって、このWiki内で上位互換、下位互換を考える場合は単独での使い勝手のみで比較し、

  • 「メジャーなクリーチャー・タイプであり部族カードの影響を受けやすい」
  • 「特定のカードとの相互作用で評価が逆転する」

など個別の事柄については別に言及する。「(比較対象それぞれの)カードに書かれていることのみで比較する」と考えると分かりやすい。

また、同等以上のインスタントソーサリーの上位互換として扱う。

また、パーマネントの、自身を生け贄に捧げることのみを起動コストとする起動型能力CIP能力がソーサリーと同等以上の効果をもつ場合、それらのパーマネントはソーサリーの上位互換として扱う。それらのパーマネントが瞬速を持つ場合、同様にしてインスタントの上位互換になり得る。

[編集] 100%の上位互換が存在しない理由

100%の上位互換が存在しない理由は、比較の妨げになる要素が数多く存在するからである。それには以下のようなものがある。

カード・タイプが違う場合
上述のインスタントとソーサリーの関係は、払拭/Dispel無政府主義者/Anarchistなどインスタントやソーサリーのみを参照するカードの存在により逆転することがありうる。パーマネントとの比較についても同様である。
サブタイプが異なる場合
例えばモンスのゴブリン略奪隊/Mons's Goblin Raidersゴブリン)と凍らし/Frostlingスピリット)、解呪/Disenchant)と粉砕/Shatter)と青サビ/Verdigris)など。
相手のカードを利用するカードを考慮した場合
例えば威圧/Dominateされる場合、幻影獣より大ダコの方が被害が少ない。精神隷属器/Mindslaverコントロールされる場合、稲妻より焦熱の槍の方が被害が少ない。
状況に応じてメリットになったりデメリットになったりする場合
例えば飛行寄せ餌/Lureなどの存在を考えると、持たない方が良い局面も存在する。現に寄せ餌とのコンボにおいて、コカトリス/Cockatrice茂みのバジリスク/Thicket Basiliskでは後者の方がよく使われていた。被覆などは、完全なメリットとして扱っていいのかという議論も交わされていた。
カード名が違う場合
翻弄する魔道士/Meddling Mage嘘つきの振り子/Liar's Pendulumなど、名前を参照するカードが存在するのがその理由である。

[編集] 実際の用途

上記のような定義的な意味ではなく、より一般的な意味で使われる場合がある。

その場合は概ね厳密ではなく、メタゲームデッキ構造などを加味した上で、総合的に勝っていると考えられるものを上位互換と呼ぶことが多い。

[編集] 参考

QR Code.gif