神河物語

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
神河物語/Champions of Kamigawa
シンボル 鳥居
略号 CHK
コードネーム Earth
発売日 2004年10月1日
セット枚数 全306種類

神河物語/Champions of Kamigawaは、神河ブロックの大型エキスパンション。2004年10月1日に発売された。

目次

[編集] 概要

日本を基にした世界である神河/Kamigawaを舞台としており、カード名に日本語が含まれるカードも多い(ただし、ストーリー上それらは神河語とされている)。

主なテーマは「伝説」。伝説のカードが多く存在し、初の「伝説のエンチャント」も登場した。また、ホームランド以来9年ぶりに、アンコモン伝説のクリーチャーが収録されている。

キーワード能力転生武士道連繋。また、以前から存在した「このクリーチャー攻撃に参加してもタップしない」が警戒として新たにキーワード化された。他、反転カードが新たなカードデザインで登場し注目されている。装備品ミラディン・ブロックから継続採用された。

  • このセット以後、日本語版のカード名にはふり仮名が振られるようになった。
  • カードが第8版で新デザインになってから、ルール・テキスト中のマナ・シンボルは色がついていなかったが、それではやはり区別しづらかったためか、このセット以降は色マナ・シンボルにはちゃんと色がついている。
  • 基本土地はそれぞれコレクター番号順に4枚並べると、一枚の連続した絵である事がわかる。コレクター人気も高い。
  • 発売元がホビージャパンである最後のセット。

[編集] ルールの変更

発売と同時期にルールの変更がいくつか行われた(以下はこのセットに影響の無いものも含む)。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Brian Tinsman (lead)
Bill Rose
Mike Elliott
Brady Dommermuth
デベロップ・チーム
アート・ディレクター

[編集] 関連リンク

  • 神河物語(マジック英語公式日本語版  セット特設サイト)
  • Champions of Kamigawa (旧サイト製品情報ページ。ストーリー・プレビュー(世界観を紹介する掌編小説)や壁紙など 一部リンク切れ)

[編集] 参考

QR Code.gif