感電破/Galvanic Blast

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Galvanic Blast / 感電破 (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。感電破はそれに2点のダメージを与える。
金属術 ― あなたがアーティファクトを3つ以上コントロールしているかぎり、代わりに感電破はそのクリーチャーかプレイヤーに4点のダメージを与える。


金属術付きの単体火力。通常は1マナ2点でショック/Shock相当だが、金属術の条件達成時には4マナの電撃破/Lightning Blastと同等の性能になり、稲妻/Lightning Boltをも上回るダメージ効率を叩き出す。

序盤は小型クリーチャー除去アーティファクトが揃ってきたら中堅クリーチャーの除去や本体火力と使い分けが可能であり無駄がない。

リミテッドでは軽い2点火力というだけで重宝する。マナマイアなどの小型クリーチャー焼くシーンも多いだろう。もちろん、金属術を安定して達成できるならより強力である。

構築でも優秀。親和ゴブナイトなど、アーティファクトを構築段階で十分多く入れるデッキであれば、常に最大の力を発揮させることもできるし、単純に2点火力と割り切ってしまっても相応の活躍はできる。登場時のスタンダードでは稲妻や噴出の稲妻/Burst Lightningの存在から後者の使われ方は少なかったが、それらが落ちてからはタフネス2以下の多い環境も手伝い、赤単スライ赤緑ケッシグで広く使われるようになった。

モダンでも親和の定番カードの1つ。Pauperでも親和やボロスキティといったアーティファクトを多く使うデッキで採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif