ストロングホールド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ストロングホールド/Stronghold
シンボル アーチ型の門
略号 ST, STH
コードネーム Rachimulot
発売日 1998年2月23日
MO:2009年4月13日
セット枚数 全143種類

ストロングホールド/Strongholdは、テンペスト・ブロックの1番目の小型エキスパンション。1998年2月23日に発売された。意味は「要塞」。

目次

[編集] 概要

ウィニーにせよコントロールにせよ非常にアグレッシブだったテンペストから一転、その名が示すとおり防御的なカードに重心が置かれていて、ダメージ移し変え能力を持つコーや、多くのが登場した。また、テンペストで初登場したクリーチャー・タイプスリヴァースパイクリシドがさらに拡張され、バイバックマナ以外のコストを必要とするカードも登場した。

マジック初の一般に流通した5色カードスリヴァーの女王/Sliver Queenが有名。またを象徴する火力呪文ショック/Shockや、第8版第9版期の標準的なカウンター呪文マナ漏出/Mana Leakの初登場もこのセットである。

[編集] 構築済みデッキ

以下はMagic Onlineでのみ発売された。

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mike Elliott (lead)
Bill Rose (lead)
Mark Rosewater
開発チーム Mike Elliott (lead)
William Jockusch
Bill Rose
Mark Rosewater
Henry Stern
アート・ディレクター Matt Wilson

[編集] 参考

QR Code.gif