コラガンの命令/Kolaghan's Command

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kolaghan's Command / コラガンの命令 (1)(黒)(赤)
インスタント

以下から2つを選ぶ。
・あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。
・アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。
・クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。コラガンの命令はそれに2点のダメージを与える。


タルキール龍紀伝命令サイクル黒赤版。モードは、クリーチャーカード回収手札破壊アーティファクト除去単体火力

それぞれのモードは単体で見れば1マナ相当の小さな効果だが、いずれもカード1枚ぶんのアドバンテージを得られる効果であるため、2つ合わせることでほぼ確実に1:2交換のカード・アドバンテージを得られる。

アグロに対しては小型クリーチャー焼ける4番目のモードが、コントロールに対しては手札を攻める2番目のモードが有効で、さらに通常は腐りやすいため採用しづらいアーティファクト対策のモードも備えている。尖ったカードが多い黒赤にしては、幅広く対処できる扱いやすいカードと言える。

最悪でも4番目のモードで対戦相手を焼けるので腐ることはありえないし、1番目のモードを利用できるようにデッキ構築プレイングで気を配っておけばなお万全に運用できる。

登場時のスタンダードではマルドゥドラゴン黒赤ドラゴンで採用されている。ローテーション後はダークジェスカイでも使われるようになった。

強力なシステムクリーチャーやアーティファクトが増えるモダンエターナルではさらに有用度が高まる。例えば石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mysticから出てきた殴打頭蓋/Batterskullを、石鍛冶の神秘家ごとまとめて除去できる。モダンではジャンドグリクシスデルバーで採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

タルキール龍紀伝命令サイクル。いずれも友好色2インスタントで、4つのモードから2つを選ぶ。スカージ命令サイクルとは別である。

[編集] 参考

QR Code.gif