アポカリプス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
アポカリプス/Apocalypse
シンボル ヨーグモスのシンボル(苦痛の仮面/Mask of Pain)
略号 AP, APC
コードネーム Shanghai
発売日 日:2001年6月6日
セット枚数 全143種類

アポカリプス/Apocalypseは、インベイジョン・ブロックの2番目の小型エキスパンション。日本では2001年6月6日に発売された。意味は「黙示録」。

目次

[編集] 概要

インベイジョンプレーンシフトとは違い、本セットでは対抗色多色を奨励している。

対抗色のカードをこのエキスパンション1つに凝縮したせいか、非常に性能の高いカードが多数登場し、対抗色のデッキは組みにくいという概念を完全に崩壊させた。白黒黒緑レアカードが非常に人気が高く、対抗色のペインランドも長く多数のデッキで使われることになった。ほとんどのレアカードが強力であったために、ブースターパックを未開封のまま売るよりも開封して当たったレアカードをシングルカードで売った方が儲かったという話もある。

上記の具体例として過去のカードに比べてパワーインフレを表すような強力なカードが多い。

またインベイジョン・ブロックでのリミテッド環境も大きく変動し、プレーンシフトまでの友好色ドラフトと方向性が180度違う対抗色重視のドラフトが選択肢に生まれた。

多色や複数のを参照するカードばかりが目立つが、単色のカードも多く収録されている。各色に独自のサイクルが存在し、は「旗手」、は「渦巻き」、は「吸命」、は「沸血」、は「暗影」と名付けられている。特にファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arenaは、単色であるが強力なカードである。

  • 英語版の名前が同じカードが存在する(黙示録/Apocalypse)が、このセットとの直接の関係はない。
  • これと第7版は一般のコンビニエンスストアでも発売された。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Paul Peterson (lead)
Randy Buehler
Charlie Cuturza
Mark Rosewater
Teeuwynn Woodruff
デベロップ・チーム Mike Elliott (lead)
Randy Buehler
Charlie Cuturza
Michael Donais
Robert Gutschera
貢献 Brady Dommermuth
Beth Moursund
アート・ディレクター Dana Knutson
Ron Spears

[編集] 参考

QR Code.gif