ゲートウォッチの誓い

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ゲートウォッチの誓い/Oath of the Gatewatch
シンボル コジレック/Kozilekの周囲に浮遊している板片
略号 OGW
コードネーム Sweat
発売日 2016年1月22日
セット枚数 全184種類

ゲートウォッチの誓い/Oath of the Gatewatchは、戦乱のゼンディカー・ブロックの2番目のエキスパンション2016年1月22日発売。キャッチコピーは「誓いを立てろ、世界を救え!/Take the Oath. Retake the World.」。

目次

[編集] 概要

戦乱のゼンディカーの続編。ウラモグ/Ulamogに加え新たに姿を現したエルドラージ/Eldraziの巨人コジレック/Kozilekに対して、若きプレインズウォーカー/Planeswalkerたちは共同戦線ゲートウォッチ/The Gatewatchを結成。ゼンディカー/Zendikar多元宇宙/Multiverseを守るために立ち向かう。

コジレックの特徴を表すため無色マナ・シンボルが導入され、無色マナを要求するカードが初めて登場した。無色マナを出す新しい基本土地として荒地/Wastesも登場している。またエルドラージに対してプレインズウォーカーたちが結束して戦うというデザインテーマの結果、マジックの歴史上最も双頭巨人戦に向いたセットとなった[1]

新規キーワード能力として怒濤、新規キーワード処理として支援、新規能力語として盟友が登場した。戦乱のゼンディカーに引き続き上陸欠色も再登場している。

[編集] Zendikar Expeditions

ゲートウォッチの誓いのブースターパックには、特殊な土地カードが封入されている場合がある。これらはフルアート仕様のプレミアム・カードであり、英語版のみ存在する(日本語版のブースターパックなど、他の言語のパックであっても英語版のみの封入となる)。

これらのカードは独自のエキスパンション・シンボルを持ち、ゲートウォッチの誓いのセットの一部としては扱われない。よって、構築では同名のカードが許可されているフォーマットでのみ使用できる。リミテッドではカードプールに加えることができる。

収録カードの内容など、詳細はZendikar Expeditionsの項を参照。

[編集] 発売前情報

2015年12月11日のワールド・マジック・カップ15にて、新メカニズムとして無色のマナ・シンボルと怒濤が紹介され、それを使った新カードとして大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortionと荒地/Wastesと押し潰す触手/Crush of Tentaclesが先行公開された。

[編集] カード情報の漏洩

公式でのプレビューが開始される以前に、多数の新カードの情報がインターネット上に漏洩した。これに対してウィザーズ・オブ・ザ・コーストWhy Leak Hurt/なぜリークは困るのかを公開し、情報漏洩に対する考えと対処を改めて宣言した。

この事件に関わったプレイヤー12名に、23日~3ヶ月間の資格停止処分が下された[3]

[編集] イベント

[編集] プレリリース

2016年1月16日、17日に行われた。

参加した各プレイヤーは面晶体/Hedronを模したプレリリース・キットを受け取り、40枚以上のシールドデッキを構築しプレイする。プレイ方式には双頭巨人戦が推奨された。プレリリース・キットには

が含まれている。

[編集] 構築済みデッキ

[編集] エントリーセット

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 公式特集ページ

[編集] 製品情報

[編集] 開発コラム

Mark Rosewaterによるコラム、Making Magic -マジック開発秘話-。

Sam Stoddardによるコラム、Latest Developments -デベロップ最先端-。

その他

[編集] 広報

[編集] 動画

マジック:ザ・ギャザリングYoutube公式チャンネル

[編集] 脚注

  1. Prerelease Oath of the Gatewatch(Wizards Play Network)
  2. モダンを想う(Latest Developments 2016年6月3日)
  3. Learning Opportunities(News 2016年1月13日)

[編集] 参考

QR Code.gif