ゴブリン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ゴブリン/Goblinクリーチャー・タイプの1つ。小型の亜人種族で、特徴的クリーチャー


Mogg Fanatic / モグの狂信者 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

モグの狂信者を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。モグの狂信者はそれに1点のダメージを与える。

1/1


Goblin Warchief / ゴブリンの戦長 (1)(赤)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 戦士(Warrior)

あなたがゴブリン(Goblin)呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
あなたがコントロールしているゴブリンは速攻を持つ。

2/2


Goblin Guide / ゴブリンの先達 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) スカウト(Scout)

速攻
ゴブリンの先達が攻撃するたび、防御プレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを公開する。それが土地カードであるなら、そのプレイヤーはそれを自分の手札に加える。

2/2

[編集] 概要

初出はリミテッド・エディション小型クリーチャーとして初期はオークコボルドドワーフなどと競合していたが、ミラージュ・ブロックから頭一つ抜け赤の代表的小型クリーチャーとして躍進していった。オデッセイ・ブロックではドワーフに立場を譲るもオンスロート・ブロックでは部族として取り上げられ、構築で戦えるゴブリンデッキが誕生した。その後セットの舞台がドミナリア/Dominariaから離れた後も各次元/Planeで登場し続けている。ローウィン・ブロックでは主要部族として再び取り上げられた。デュエルデッキエルフvsゴブリンマーフォークvsゴブリンが発売するなど、マジックのクリーチャーの"顔"に成長している。

基本的にだが、ローウィン=シャドウムーア・ブロックではのゴブリンも数多く登場し、単色のゴブリンも登場している。多色も含めれば全に存在する。

数が多いためこれといって能力に統一性があるわけではなく、単純に「赤らしい」能力が割り当てられているが、後述の「頭が悪いという設定」からか、生け贄に捧げるタイプの能力は比較的多く見られる。自滅的な行動の結果や、後先考えずに行動していたら死んでしまった、などを表しているようだ。

部族カードは、ロードとしてはゴブリンの王/Goblin Kingゴブリンの戦長/Goblin Warchief、ゴブリンを生け贄にする包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commanderゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade、対ゴブリンカードとしてTivadar's Crusade巣穴滅ぼしのエルフ/Warren-Scourge Elfなども存在する。ゴブリンに関連する土地はゴブリンの穴ぐら/Goblin Burrows婆のあばら家/Auntie's Hovelがある。

ゴブリン・トークンはよく使われるトークンの1つであり、巣穴からの総出/Empty the Warrensなどトークンを出すだけのカードも珍しくない。次元カードのジャンド/Jund (次元カード)もゴブリン・トークンを出す。基本的に赤の1/1であるが、ラクドスのギルド魔道士/Rakdos Guildmage略奪の母、汁婆/Wort, the Raidmotherなど他のバリエーションもある。(→トークン一覧

反転カードを含めると伝説のゴブリン・カードドミナリア現在20枚存在する(「伝説の(Legendary)・ゴブリン(Goblin)」でWHISPER検索)が、探検家タクタク/Tuktuk the Explorerの能力で生成される復活のタクタク/Tuktuk the Returnedを含めると21体存在することとなる。

[編集] ストーリー

ブロックのストーリーごとに「モグ(Mogg)」や「悪忌(Akki)」、「ボガート(Boggart)」などと呼ばれ、風貌や身体能力、文化などはそれぞれに異なるが、人型の小柄な蛮族という点は共通している。また、一部例外を除いて頭が悪いという設定がなされており、ゴブリンが登場するフレイバー・テキストにはコミカルなものが多い。

一方新しいもの好きで、妙な発明品や遊びを思いつきかつ実践するなど意外と知的好奇心も高い。もっとも「後先考えなかったから、欠陥やら使い方を間違えて死んでしまった」と言うオチが待っているのだが。

[編集] 各ストーリーにおけるゴブリン

ドミナリア/Dominaria
ウルグローサ/Ulgrotha
ゴブリンの王/Goblin Kingが統治するコスカン砦を拠点として生活する。忠誠心とは無縁な種族であり、政権交代はほぼ例外なく暗殺によって発生する。
ラース/Rath
ラースでは、戦闘用に品種改良されたモグ/Moggと呼ばれるゴブリンたちが存在する。力が強く凶暴。他のゴブリンよりもさらに頭が悪い。アーティファクトの臭いを判別できる。
メルカディア/Mercadia
カイレン/Kyren・ゴブリンと呼ばれる。彼らは非常に高い知能を持ち、人間の市長を傀儡にメルカディア市を裏から支配していた。
ミラディン/Mirrodin
他のミラディンの生物同様、体の一部が金属化している。カルドーサ/Kuldothaで暮らし、独自の文化、信仰を持っており、アーティファクトの製作や利用、それらの破壊に長ける[1]
神河/Kamigawa
悪忌/Akkiと呼ばれる小鬼が該当する。溶岩避けの甲羅と尖った鼻を持つ。ゲームの便宜上ゴブリンとなっているが、厳密には異なる。
ラヴニカ/Ravnica
を含む4つのギルド/Guildで、都市社会と組織に順応して生活している。ほとんどの場合は末端の構成員だが、中にはギルドの要職に就く者も存在する。またギルド以外の独立した組織に身を置く者もいる[1]
ローウィン/Lorwyn
ボガート/Boggartと呼ばれ、沼地に住む。いつも天真爛漫で、いたずらと新しいものが大好き。「」と呼ばれる年功者に率いられている。
シャドウムーア/Shadowmoor
アラーラ/Alara
主にジャンド/Jundに生息し、食物連鎖の最下層に位置する。低地の脅威から逃れるためにわざと危険な山岳地帯で暮らしている。ジャンドのゴブリンは山頂へ登ってドラゴンの餌になって死ぬことを栄誉とするほどである[1]
ゼンディカー/Zendikar
廃墟の探索や略奪に生涯を捧げており、最も価値あるお宝を持ち帰った者が部族の指導者として君臨する。石に似た組織に覆われた皮膚と長い腕を持ち、次元中のあらゆる場所でその姿を目にすることができる[1]
タルキール/Tarkir
他の次元のゴブリンと比べて体毛(特に頭髪や四肢の毛)が濃く、に似た容姿をしている。多くはマルドゥ族/The Mardu Horde歴史改変後はマルドゥ族の後身のコラガン氏族/The Kolaghan clan)にその身を置いている。
イクサラン/Ixalan
皮膚が青く、白い体毛が生えている。長めの尾があり、猿に非常によく似ている。鉄面連合/The Brazen Coalitionの構成員である。
バブロヴィア/Bablovia
銀枠世界バブロヴィアのゴブリンは、主にゴブリンの爆発屋/Goblin Explosioneersに属する。彼らは蒸気打ち工業を生業とする装具工達であり、自分たちでも全容のよくわからないからくり作りに勤しんでいる。
ケイレム/Kylem
横に大きく広がった長い耳が特徴。昂りやすく、一部はMartial magicの最も熱狂的なファンとなり、常勤の仕事のようにファン活動に勤しむ者もいる。競技者になることはほとんどのゴブリンが抱く野望だが、衝動を自制する能力の欠如から、多くが公的な訓練を修了することができない。

[編集] ストーリーの重要キャラを勤めたゴブリン

いずれも一般的なゴブリンより賢く、特別な才能を有していたり処世に長ける者が多い。いずれも伝説のクリーチャープレインズウォーカーとしてカード化されている。

[編集] 参考

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4マナバーン2018』(ホビージャパン、2017年11月30日初版)p.13 ISBN 9784798615776
QR Code.gif