アヴァシンの裁き/Avacyn's Judgment

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Avacyn's Judgment / アヴァシンの裁き (1)(赤)
ソーサリー

マッドネス(X)(赤)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)
望む数のクリーチャーやプレインズウォーカーやプレイヤーを対象とする。アヴァシンの裁きはそれらに2点のダメージをあなたの望むように分割して与える。この呪文のマッドネス・コストが支払われていたなら、代わりに、アヴァシンの裁きはそれらのパーマネントやプレイヤーにX点のダメージをあなたの望むように分割して与える。


ソーサリー割り振り火力生撃ち時は2点で固定だが、マッドネス時にはX火力になる。

生撃ち時は1マナ重くなった二股の稲妻/Forked Bolt、あるいはソーサリーになった双雷弾/Twin Boltと言ったところで、少々コスト・パフォーマンスが悪い。マッドネス時はとどろく雷鳴/Rolling Thunderを1マナ軽くかつインスタント・タイミングで使えるという強力な効果になるが、X火力自体が扱いにくいのも事実であり、癖が強いカードである。

リミテッドでは、マッドネス前提となるものの、うまく使えば実質手札消費0、ボード・アドバンテージを握ったりライフを大きく削ったりと柔軟な運用が可能、インスタント・タイミングで唱えられる、といいことづくめであり、強引にタッチすることを検討してもいい強さ。

一方登場時のスタンダードでは、上記で例に挙げた双雷弾やとどろく雷鳴の他、巨人の陥落/Fall of the Titansコジレックの帰還/Kozilek's Returnなど、ライバルとなる火力が揃っているのが逆風。マッドネスを生かすデッキならば採用の余地はあるか。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イニストラードを覆う影マッドネスコストXを含む呪文レアに1枚ずつ存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif