支払う

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

支払うとは、

  1. (Pay) コストを必要とする処理を行うこと。本頁で解説する。
  2. (Spend) 1の処理を行う際にマナライフを消費すること。主にマナの消費に制約を設けるとき(魂の消耗/Consume Spirit古代の聖塔/Ancient Zigguratなど)や、消費したマナを参照するとき(烈日収斂向上呪文など)に用いられる。「使用する」「使う」「消費する」などと訳される場合もある。

コスト支払う/Payとは、プレイヤーがそのコストを含む呪文能力効果で特定されている指示を実行すること。呪文を唱えたり、起動型能力起動したりするためのコストの支払い以外に、呪文や能力の解決時に効果の一部としてこれらの支払いが求められることもある。


Channel / チャネル (緑)(緑)
ソーサリー

ターン終了時まで、あなたがマナ能力を起動できるときならばいつでも、あなたは1点のライフを支払ってもよい。そうした場合、あなたのマナ・プールに(◇)を加える。



Stasis / 停滞 (1)(青)
エンチャント

プレイヤーは自分のアンタップ・ステップを飛ばす。
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(青)を支払わないかぎり、停滞を生け贄に捧げる。


コストの支払いには、主にマナライフの消費、パーマネントタップ生け贄などが求められる。

呪文を唱えたり起動型能力を起動したりするには、コストを支払う必要がある。必要なコストは、求められたものすべてを支払わなければならない。一部分だけ支払うようなことは認められない。

指示に従えないのであれば、コストの支払いを完了することはできない。この原則の例外として、0点のライフやマナは、状況にかかわらず支払うことが可能である。

  • マナの支払いは、プレイヤーのマナ・プールから指示された値のマナを取り除くことによって行う。
    • 支払いを求められているものの中にマナが含まれている場合、それが唱えたり起動したりしている途中や解決中であっても、支払いの直前にマナ能力を起動する機会を得る。これは優先権のルールの例外である。
  • ライフの支払いは、プレイヤーのライフから指示された値のライフを差し引く。ライフの支払いはダメージではないので、軽減はできない。
    • 現在のライフの値を超える量のライフを支払うことはできない(ちょうど0点になるような支払いは認められる)。白金の天使/Platinum Angelなどがいる状況でライフがマイナスになっている時は注意。
    • ベータ版からアライアンスまでのカードはルール文章に「このライフ損失に対して、ダメージを軽減したり移し替えたりする効果は使えない」と注意事項が丁寧に書かれていた。ミラージュ以降、この注意事項は書かれなくなった。
      • アルファ版チャネル/Channelはルール文章に「これによるライフの消費はダメージとして扱わない」と書かれていた。これだけでは不十分だったからか、ベータ版以降は上記の注意事項に差し替えられた。

[編集] 参考

QR Code.gif