フィフス・ドーン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
フィフス・ドーン/Fifth Dawn
シンボル カルドラの兜/Helm of Kaldra
略号 5DN
コードネーム Tomato
発売日 2004年6月4日
セット枚数 全165種類

フィフス・ドーン/Fifth Dawnは、ミラディン・ブロックの2番目の小型エキスパンション。2004年6月4日に発売された。意味は「第五の夜明け」。

目次

[編集] 概要

ミラディンダークスティールから引き続き、金属次元ミラディン/Mirrodinを舞台とする。

テーマは引き続きアーティファクトだが、同時に多色(特に5色)もテーマとなっている。多色関連では、新キーワード能力として烈日が登場し、運び手サイクルなども見られる。

その他のシステムではキーワード能力(現在ではキーワード処理)の占術は人気が高く、広く使用されている。また、4つ揃えると無限ループが可能になる、「基地サイクル」が作られている。

ぶっ壊れたカードや派手な効果のカードを多数輩出したミラディンダークスティールに比べると比較的おとなしめのカードが多く、俗説に反して弱めのセットという意見もある。しかし内実は、堅実で優秀なカードが多く、むしろスタンダードよりもエターナルエクステンデッドで映えるカードが多い。そういった意味では、うまくバランスの取れた良エキスパンションであると言える。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mark Rosewater (lead)
Randy Buehler
Aaron Forsythe
Gregory Marques
デベロップ・チーム
アート・ディレクター

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif