リミテッド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

リミテッド/Limitedは、マジックフォーマットの1つ。「限定戦」とも呼ばれる。

目次

[編集] 解説

構築があらかじめ用意したカードから自由に選択してデッキを構築するのに対し、リミテッドは未開封のパックから出てきたカードと任意の枚数の基本土地カードのみを使ってその場でデッキを構築しゲームを行う。

自分が開封したパックのカードのみを使用する「シールド」、一定のルールに基づいてカードをやり取りして自分が使うカードを決定する「ブースター・ドラフト」「ロチェスター・ドラフト」が認定されている。

多人数戦のリミテッドのトーナメントは、双頭巨人戦のみが2005年10月1日から認定されている。認定されている形式はシールドのみである。

認定大会での細かい規則は、マジック・イベント規定を参照のこと。

[編集] リミテッドでの構築ルール

リミテッドは自らが使うカードを決定した後のデッキの構築ルールにも、構築フォーマットとは以下のような差異がある。

  • デッキの最低枚数は40枚であり、上限はない。
  • 1つのデッキに基本土地でない同じ英語名のカードは4枚までという制限(いわゆる4枚制限ルール)は適用されない。
  • 禁止カード制限カードは一切存在しない。
  • 獲得したカードのうち、メインデッキに使われなかったカードは自動的にすべてサイドボードとなる。枚数も15枚である必要がない。必要であれば、サイドボードに基本土地を追加することができる。
  • リミテッドのサイドボーディングはデッキの枚数が40枚以上という条件を満たしていれば制限はない。構築のサイドボーディングは2013年7月13日以前までは1対1の交換しかできなかったが、リミテッドではそれ以前から自由度の高いサイドボーディングが可能であった。
    • デッキリストを用いない一般RELのイベントにおいては、ヘッド・ジャッジまたはイベント主催者が「マッチごとにデッキを初期状態に戻す必要がある」と宣言しない限りは、メインデッキを初期の状態に戻す義務が無く、とあるマッチの2ゲーム以降メインデッキとサイドボードを入れ替え、そのまま次のマッチに臨んだり、マッチ間でデッキの調整を行っても問題ない。RELが競技以上の場合は、イベント主催者はこの選択を行うことはできず、プレイヤーはマッチごとにデッキを初期状態に戻さなければならない。

[編集] リミテッドで使用できるカード

リミテッドで使用できるカードは、開封するブースターパックのカードセットに属するカードに限られる。ブースターパックに含まれている、そのブースターパックのカードセットに属さないカードは、そのカードを登録するプレイヤーが保持する。

  • 例えば、ブースター・ドラフトでゼンディカーのブースターパックに陥没孔/Sinkholeが封入されていた場合、そのブースターパックを登録(開封)したプレイヤーが貰うことができる。しかし、それはゼンディカーのカードでないので、このブースター・ドラフトの間はデッキに入れることはできない。
  • プレミアム・カードである基本土地は、そのブースターパックのカードセットに属するカードとして扱う。シールドではカードプールの中に組み込まれ、ブースター・ドラフトでは除外されるのではなく、ドラフト対象となる。
  • Magic Onlineのブースター・ドラフトの場合、カードの現物化の関係上、基本土地もドラフト対象となる。

また、このルールには以下の例外がある。

またラヴニカへの回帰以降のプレリリース・トーナメントにおいては、プレリリース・パックに含まれるプレリリース・カードを使用することができる。

15枚未満のエラーパックや印刷ミス・初期傷のあるカードなど、トーナメントに不都合なパックやカードが手元に来てしまったときはジャッジに報告すること。

  • もちろん1枚を隠し故意に交換などを行うのは重大な不正行為であり、「非紳士的行為 ─ イベント物品の窃盗」として処罰される。
  • ニクスへの旅に低確率で存在するテーロス・ブロックカード全15種類が各1枚ずつ封入されているブースターパックは、リミテッドで使用できるカードの例外には定義されていない。トーナメントでは「不都合なパック」とみなされるので、ジャッジに報告しなければならない。(参考1/邦訳
    • なお、この場合は、「そのパックの全てのカードは開封したプレイヤーが保持し、新たなパックを受け取ってイベント続行」が推奨されるが、主催者やヘッド・ジャッジにより「交換は行わない、そのままイベント続行」という裁定を下すこともできる。(参考2

[編集] 参考

QR Code.gif