巨大化/Giant Growth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Giant Growth / 巨大化 (緑)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+3/+3の修整を受ける。


ブーンズの1つで、のこれは1ターン限りのクリーチャー強化

最も基本的なコンバット・トリックの1つ。対戦相手への戦闘ダメージの上乗せに使えるだけでなく、パワータフネスに3点分の修整が入れば大概クリーチャーのサイズの差は埋まるため、クリーチャー同士の戦闘の勝敗を覆す力を有する。また火力に対する防御に使われる事も多く、その用途は幅広い。

クリーチャーに依存する性質上、ダメージでない除去が少なく、クリーチャー戦主体となるリミテッドでの活躍が目立つ。構築でも、ストンピィ感染デッキのような、サイズに特化したタイプのデッキを中心にしばしば採用された。様々な時代に多用なフォーマットで使用され、初心者から熟練者まで数多くのプレイヤーに愛された1枚である。

強弱の差が激しいブーンズにおいてはもっともバランスが取れているカード。ブーンズの中で最も長く基本セットに残り続け、亜種と上位互換下位互換の関係を作らずにいることがその証。しかし基本セット2012剛力化/Titanic Growthと入れ替わってスタンダード落ち。その後ラヴニカへの回帰基本セット2014再録されたが、基本セット2015では再録されずにスタンダード環境から去っていった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ブーンズマジック黎明期の基本セットに収録されたサイクルであり、すべて1マナで3つ分の何かを発生させる。

それぞれ各の特徴をよく表しているが、そのカードパワーには大きなばらつきがある。

[編集] 主な亜種

強化インスタントは全てこれの亜種と言えるのだが、ここではコスト修整値が近いものを中心に挙げる。1マナで+2/+2や、2マナで+3/+3のものが多い。

修整値が特に明記されていないものは、+3/+3の修整を与える。

亜種の中でトランプルを同時に与えるものは捕食者の一撃/Predator's Strikeを参照。

亜種の中で呪禁を同時に与えるものはレインジャーの悪知恵/Ranger's Guileを参照。

ソーサリーの亜種は超巨大化/Monstrous Growthの項を参照。

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif