連繋

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
連繋/Splice
種別 常在型能力
登場セット 神河ブロック
CR CR:702.46

連繋(れんけい)/Spliceは、神河ブロックで登場したキーワード能力。これを持つカード手札にあるときに機能する常在型能力である。


Glacial Ray / 氷河の光線 (1)(赤)
インスタント — 秘儀(Arcane)

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。氷河の光線はそれに2点のダメージを与える。
連繋(秘儀(Arcane))(1)(赤)(あなたが秘儀呪文を唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開して連繋コストを支払ってもよい。そうしたなら、このカードの効果をその呪文に追加する。)



Horobi's Whisper / 崩老卑の囁き (1)(黒)(黒)
インスタント — 秘儀(Arcane)

あなたが沼(Swamp)をコントロールしている場合、黒でないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
連繋(秘儀(Arcane)) ― あなたの墓地にあるカードを4枚、追放する。(あなたが秘儀呪文を唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開して連繋コストを支払ってもよい。そうした場合、このカードの効果をその呪文に追加する。)



Evermind / 常在精神
〔青〕 インスタント — 秘儀(Arcane)

(存在しないマナ・コストは支払えない。)
カードを1枚引く。
連繋(秘儀(Arcane))(1)(青)(あなたが秘儀呪文を唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開して連繋コストを支払ってもよい。そうした場合、このカードの効果をその呪文に追加する。)


[編集] 定義

連繋([サブタイプ]) [コスト]/Splice onto [サブタイプ] [コスト]は、「あなたが[サブタイプ]の呪文唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開してもよい。そうした場合、このカードの文章欄をその呪文の文章欄にコピーし、その呪文の追加コストとして[コスト]を支払う。」を意味する。

[編集] 解説

指定されたサブタイプの呪文に、連繋を持つ呪文の能力を加えられる能力である。例えば「連繋(秘儀)(1)(赤)」なら、サブタイプが「秘儀」である呪文を唱えるとき、このカードを同時に手札から公開することができる。そうしたのならば、元の呪文のコストに加えて(1)(赤)を支払い、最初の秘儀呪文に公開したカードの内容が追加される。(この一連の手順を俗に「連繋する」と呼ぶ。)

[編集] ルール

  • 連繋するカードの公開はCR:601.2bに則り、コストの支払いより前に処理される。連繋により支払うコストの扱いは追加コストとなる。
  • 連繋したカードの方は手札に残る。連繋する呪文のコストとして捨てることなどもできる。
  • 元の呪文は、文章が増えた以外に変化は無い。よって、カード名マナ・コストサブタイプカード・タイプ特殊タイプなども変化しない。もちろん、点数で見たマナ・コストも変化しない。
    • 連繋するカードが特性定義能力を持つならこの限りではないが、現在では特性定義能力と連繋を両方持つカードは存在しない。かつては常在精神/Evermindが該当していた。特性定義能力との相互作用についての詳細は、常在精神の項目を参照。
    • 連繋していてもあくまで1つの呪文である。あるカードを連繋している呪文が打ち消された場合、追加されたテキストによる効果も発生しない。
  • 連繋と対象を取る呪文との相互作用で混乱することが多いので注意。
    • 連繋したカードが対象が必要とする場合、すべての対象を唱える時に指定する。このとき、元の呪文や同時に連繋した他のカードと同じ対象を選んでもよい。
      • 神河物語の発売に伴うルール変更により、各々の「対象とする」という単語に対しては、同一の対象を選択できるようになった。
    • 必要な対象が選択できないのならば、連繋された呪文を唱えることを完了できない。
    • 対象を取らない呪文に対象を取るカードを連繋し、すべての対象が不適正になったならば、呪文全体が打ち消される。
    • 対象を取る呪文に対象を取らないカードを連繋し、すべての対象が不適正になったならば、呪文全体が打ち消される。
    • 連繋された呪文の対象が1つでも適正ならば、呪文はそれらの適正な対象に影響を及ぼす。
  • 1つの呪文に対し、連繋コストが支払える限り、カードを何枚でも連繋させてよい。その場合、どの順番で連繋するのか明確にすること。指定した順番通りにテキストが追加される。
    • 1つの呪文に対し、同一のカードを何回も連繋させることはできない。同じ名前を持つ別のカードであれば連繋させることができる。
  • 追加されたテキストはそれぞれ独立のイベントとして処理する。
  • あるカードを連繋している呪文をコピーする場合、追加された文章欄もコピーされる(→コピー可能な値)。
  • 連繋した呪文は、スタックを離れた時点で連繋による変更を失う。

[編集] その他

[編集] 参考

  1. 支配するギルド その1(Making Magic 2018年9月10日)

引用:総合ルール 20190125.3

QR Code.gif