アラーラの断片

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
アラーラの断片/Shards of Alara
シンボル 5つの分かれた断片
略号 ALA
コードネーム Rock
発売日 2008年10月3日
セット枚数 全249種類

アラーラの断片/Shards of Alaraは、アラーラの断片ブロックの大型エキスパンション。2008年10月3日に発売された。

目次

[編集] 概要

5つの断片/Shardに砕け散ってしまい、それぞれの断片には友好色3のマナしか存在しないという世界アラーラ/Alaraを舞台としている。断片ごとの友好色3色での構築を主要テーマとしている。

断片ごとに3色が割り当てられている。それぞれバント(緑白青)、エスパー(白青黒)、グリクシス(青黒赤)、ジャンド(黒赤緑)、ナヤ(赤緑白)となっており、それぞれ異なるテーマを持っている。

新規キーワード能力貪食蘇生賛美。それぞれジャンド、グリクシス、バントのカードが持つ。また、サイクリングが再登場している。

魔除け根本原理などの5つの断片にまたがるサイクルの他、薬包のサイクルや鼓声狩人/Drumhunterのサイクルなどといった、1つの次元における3枚セットのサイクルも多数存在する。

[編集] 今セットからの変更点

[編集] 各断片と役割

断片 特徴 エントリーセット
バント/Bant 賛美 高貴なるバント/Bant Exalted
エスパー/Esper 有色アーティファクト 策謀のエスパー/Esper Artifice
グリクシス/Grixis 蘇生 屍人のグリクシス/Grixis Undead
ジャンド/Jund 貪食 原初のジャンド/Primordial Jund
ナヤ/Naya パワーが5以上のクリーチャーを参照する能力 巨獣のナヤ/Naya Behemoths
  • 中央の色が、その断片のメイン・カラーである。

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

普段は別々のデザイン・チームとデベロップ・チームが一纏めになっているのは、リード・デザイナーのBill Roseによる提案である。デザイン段階では、断片ごとにデザイン担当を変える試みが行われた。(→Between a Rock and a Shard Place参照)

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif