ネメシス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ネメシス/Nemesis
シンボル
略号 NE, NEM
コードネーム Euripides
発売日 2000年2月14日
セット枚数 全143種類

ネメシス/Nemesisは、マスクス・ブロックの1番目の小型エキスパンション2000年2月14日に発売された。意味は「宿敵」。

目次

[編集] 概要

新規キーワード能力として消散が登場した。小型エキスパンションで新たなキーワード能力が追加されるのはこれが初めて。また、新たに溶岩獣印章といったメカニズムが登場した。

消散は大勢の予想以上に猛威を振るい、パララクスの波/Parallax Waveパララクスの潮流/Parallax Tideを利用したパララクス補充スタンダードを席巻し、インベイジョン登場後はブラストダーム/Blastodermはじける子嚢/Saproling Burstファイアーズで活躍する。他にもからみつく鉄線/Tangle Wireは様々なデッキで使用された優良カードである。また、果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Heroリベリオンの強さを不動のものとした。印章サイクルも使い勝手が良く有名である。一方でカスレアの代名詞的存在である、蒼ざめた月/Pale Moonが含まれているのもこのセット。非常に強さのバランスの取れたエキスパンションであり、人気は高い。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

[編集] 参考

QR Code.gif