アンヒンジド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
アンヒンジド/Unhinged
シンボル 蹄鉄風のU
略号 UNH
発売日 2004年11月19日
セット枚数 全140種類(+1種類)

アンヒンジド/Unhingedは、公式のジョーク・セット。2004年11月19日に発売された。銀枠カード135種類、基本土地5種類で構成される(と発表されているが、実は141枚目のカード(Super Secret Tech)が存在する)。

目次

[編集] 解説

アングルードの続編であり、前作以上に奇抜な効果を持つカードが多数登場している。通常のマジックにはない分数無限の概念が生まれ、分数のパワータフネスマナを持つカードや、無限大のマナを生むカード(Mox Lotus)が登場した。また、新しい独自の領域AWOL)も登場している。

その他の主要メカニズムには、アーティスト・マターや、カード名などの単語や文字を参照するカード、ミニゲームを行うカードなどが多数存在する。アングルードでは難しかった新デザインならではのレイアウトのカードも多数ある。新規能力語ゴチ(当時はキーワード能力であった)。特有の種族として驢馬尻/Assというロバ人間が登場し、ロバクリーチャー・タイプが与えられている。アングルードで不評だったダイス投げカード、破るカード、クラムフォークなどは採用されていない。

また、「カード名最長最短」「点数で見たマナ・コスト最大」「キーワード能力最多クリーチャー」「アルファベット順で最後のカード」といった、マジックのカードにおける様々な新記録が誕生した。

基本土地カードでないカードは、どのフォーマットでも使用できない。以前は、マジックのカードであることには変わりないため、このセットにしかないカード名やクリーチャー・タイプも「マジックに存在する」として認められ、カード名やクリーチャー・タイプを選ぶ際に、それらを選ぶことができた。しかし、2007年9月サブタイプ変更に伴うルール変更によって、現在ではそれらは選べない。

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 隠しメッセージ

アングルードに引き続き、カード下部に書かれた謎の英単語をつなげていくとボツカードの名前になる。なお、並べ方は全カードをアルファベット順で逆順(ZからAへ)にするとよい。

Here are some more cards that didn't make it.

  • Moronic Tutor
  • Lint Golem
  • Wave of Incontinence
  • I'm Quitting Magic
  • Bob from Accounting Castrate
  • Mishra's Bling Bling
  • Dead Bunny Isle
  • Circle of Protection: Pants
  • Time Fart
  • Sliver and Onions
  • Kobold Ass
  • Thanks, Master
  • Barn
  • Mild Mongrel
  • Robo-Samurai
  • Obligatory Angel
  • Chump-Brocking Orphan
  • Wrath of Dog
  • Celery Stalker
  • Hugs-A-Lot Demon
  • Assticore
  • Codpiece of the Chosen
  • Hurl
  • What the Cluck?!
  • Nachomancer
  • Scrubotomy
  • Arcbound Noah
  • Darksteel spork
  • Look at Me I'm Accounts Receivable
  • Hydro Djinn
  • Bad Stone Rain Variant
  • S.O.B.F.M.
  • Pinko Kami
  • Purple Nurplre
  • Form of Uncle Istvan
  • Them's Fightin' Wards
  • Spleen of Ramos
  • Fifteenth Goblin Pick
  • Squizzle Nabizzle Zombie
  • Cheerleading Squack Two-Way Myr
  • Bone Flute 2
  • Electric Boogaloo
  • Magic Offline
  • Nutclamp
  • Bwahahahaaa!
  • Dragon Ass
  • Phyrexian Sno-Cone Machine
  • Chimney Pimp
  • R.T.F.C.
  • Greased Weasel Flame War
  • We Don't Need Onay(On) Stinkin' Merfolk Ting!

and

  • Disrobing Scepter

(again!)

[編集] 事前情報

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mark Rosewater (lead)
Brady Dommermuth
Brandon Bozzi
Randy Buehler
デベロップ・チーム
アート・ディレクター

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif