結魂

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
結魂/Soulbond
種別 誘発型能力
登場セット アヴァシンの帰還
CR CR:702.94

結魂(けっこん)/Soulbondは、アヴァシンの帰還で制定されたキーワード能力。2つの誘発型能力からなる。


Silverblade Paladin / 銀刃の聖騎士 (1)(白)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

結魂(このクリーチャーか他のまだ組になっていないクリーチャーが戦場に出たとき、あなたはそれらを組にしてもよい。それらのクリーチャーは、あなたがその両方をコントロールし続けているかぎり組である。)
銀刃の聖騎士が他のクリーチャーと組になっているかぎり、両方のクリーチャーは二段攻撃を持つ。

2/2

[編集] 定義

結魂/Soulbondは、以下の2つの誘発型能力からなる。

  • このクリーチャー戦場に出たとき、あなたがこのクリーチャーおよび他のクリーチャー1体の両方をコントロールしていてその両方が組になっていない場合、あなたはこのクリーチャーをもう一方の組になっていないクリーチャーと組にしてもよい。そうしたなら、両方があなたのコントロール下で戦場にあるクリーチャーであるかぎり、それらのクリーチャーは組である。
  • 他のクリーチャーがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたがそのクリーチャーおよびこのクリーチャーの両方をコントロールしていてその両方が組になっていない場合、あなたはそのクリーチャーをこのクリーチャーと組にしてもよい。そうしたなら、両方があなたのコントロール下で戦場にあるクリーチャーであるかぎり、それらのクリーチャーは組である。

[編集] ルール

  • クリーチャーは他のクリーチャー1体のみと組になることができる。
  • 組になった2体のクリーチャーは、依然としてあらゆる意味で個別のクリーチャーである。それらは攻撃およびブロックを個別に行い、個別に呪文能力対象となってその影響を受け、そして個別に領域を変更する。たとえば、組になった2体のクリーチャーが攻撃する場合、片方をブロックしても他方は何ら影響を受けない。
  • 結魂を持つクリーチャーが戦場に出た時点で、あなたが他のまだ組になっていないクリーチャーをコントロールしていなければ、結魂能力は誘発しない。しかし、結魂を持つクリーチャーと組になるクリーチャーは、結魂能力の解決時まで選ばれない。
  • 結魂能力の解決時に、組になるであろうオブジェクトのどちらかがクリーチャーでなくなっているか、戦場にいなくなっているか、または結魂能力をコントロールするプレイヤーのコントロール下でなくなっている場合、どちらのオブジェクトも組にならない。
  • 一度組になったクリーチャーを勝手に組でない状態にしたり、組同士を入れ替える事はできない。
  • 組になったクリーチャーは、以下のいずれかの場合に組でなくなる。
    • 他のプレイヤーがそれまたはそれと組になったクリーチャーのコントロールを得る。
    • それまたはそれと組になったクリーチャーがクリーチャーでなくなる。
    • それまたはそれと組になったクリーチャーが戦場を離れる
  • 組でなくなった場合、組になっていたクリーチャーに与えられていた修整および能力等のボーナスはただちに消滅する。それがタフネスの増加を含んでいた場合、クリーチャーがそのタフネス以上のダメージを負う状態になることがある。この場合、そのクリーチャーは破壊される。
  • 組でなくなることでクリーチャーが起動型能力を持たなくなる場合にも、すでに起動されてスタック上にある能力は影響を受けない。
  • 結魂を持つクリーチャーが他の結魂を持つクリーチャーと組になった場合、それぞれのクリーチャーが両方のボーナスを得る。
  • 結魂を持つ組になったクリーチャーが結魂を失った場合でも、それおよびそれと組になったクリーチャーは組のままである。
  • 対象を取っているわけではないので、プロテクション被覆の影響を受けない。

[編集] 解説

クリーチャー同士で2人組を作るキーワード能力。組になる事は特性に何の影響も与えないが、結魂能力を持つクリーチャーは組になった場合に双方にボーナスを与える能力を持つ。以外の各色に存在する。

総合ルールによる定義では書式の関係で非常にややこしい能力にみえるが、要するに

  • 結魂を持ったクリーチャーが戦場に出たとき、他の組になっていないクリーチャーと組にする事ができる。
  • クリーチャーが戦場に出たとき、結魂を持った組になっていないクリーチャーがいればそれと組にする事ができる。

という事である。

  • 注釈文では結魂を持つクリーチャーは自由にパートナーを変えられるようにも読めるが、実際は組になっている状態では新たに結魂能力は誘発しないので注意。

雲隠れ/Cloudshiftなどの明滅効果と相性がよい。結魂クリーチャーを明滅させれば新たに他のクリーチャーと組直せるので奇襲をかける事ができる。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif