-1/-1カウンター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

-1/-1カウンター/-1/-1 Counter+X/+Yカウンターの一つ。


Torture / 拷問 (黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
(1)(黒):エンチャントされているクリーチャーの上に-1/-1カウンターを1個置く。



Sickle Ripper / 鎌の切り裂き魔 (1)(黒)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental) 戦士(Warrior)

萎縮(これはクリーチャーに-1/-1カウンターの形でダメージを与える。)

2/1

初登場はアラビアンナイトと非常に古いが、その後複数の種類の+X/+Yカウンターがあると紛らわしいということで+1/+1カウンター以外の+X/+Yカウンターは基本的に使われないことになり、-1/-1カウンターもトーメントよろめく大群/Shambling Swarmが用いたのを最後に長い間使われなかった。しかも、よろめく大群の-1/-1カウンターは「ターン終了時に取り除かれるから」ということで例外的に使用が認められたものであり、それを除くとメルカディアン・マスクス泥沼のヤツメウナギ/Quagmire Lampreyで用いられたのが最後になる。

だが、時のらせん発売に際して行われた総合ルール変更で、+1/+1カウンターと-1/-1カウンターを相殺するルール(詳しくは下記参照)が追加され紛らわしさが解消し、時のらせんのタイムシフト巨大カキ/Giant Oyster不安定性突然変異/Unstable Mutation鋸刃の矢/Serrated Arrowsの3枚が再録されたことにより再登場を果たした。

さらに後のシャドウムーア・ブロックミラディンの傷跡ブロックアモンケット・ブロックではテーマの一つにもなっている。同じブロック内で+1/+1カウンターと-1/-1カウンターを扱うカードを混在させないという方針により、これらのブロックは+1/+1カウンターを扱うカードは存在しない。

  • +1/+1カウンターと-1/-1カウンターが同じパーマネントの上に乗ると、それらのうち少ない方と同じ個数だけ双方が取り除かれる(CR:704.5r)。これは状況起因処理である。
    • 例えば、+1/+1カウンターが2個、-1/-1カウンターが3個乗ると、両方が2個ずつ取り除かれて-1/-1カウンター1個だけが残る。
    • このルールはこれら以外の+X/+Yカウンター(+1/+0カウンター-1/-0カウンターなど)には適用されない。

[編集] シャドウムーア・ブロック以前で-1/-1カウンターを利用するカード

[編集] -1/-1カウンターを利用する主な能力

[編集] 参考

QR Code.gif