シャドウムーア

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
シャドウムーア/Shadowmoor
シンボル 刈り取りの王/Reaper Kingの頭部
略号 SHM
コードネーム Jelly
発売日 2008年5月2日
セット枚数 全301種類

シャドウムーア/Shadowmoorは、シャドウムーア・ブロックの大型エキスパンション。2008年5月2日に発売された。

目次

[編集] 概要

大オーロラ/Great Auroraによってローウィン/Lorwynが闇の世界へと変貌した次元シャドウムーア/Shadowmoorを舞台とする。

テーマは「」と「(ローウィンの)反転」。 「色」については、混成マナ・シンボルが復活しており、色に関わるカード、特に友好色多色カードや友好色を支援するカードが多い。複数の色に跨る「部族」をテーマとしたローウィン・ブロックとの組み合わせが念頭に置かれている。 「反転」を象徴する特徴的なシステムとしては、+1/+1カウンターの対である-1/-1カウンターの活用、タップ・シンボルの対であるアンタップ・シンボルの初登場などがある。また、個々のカードに関しても、反転をイメージしたカードが多く見られる。例としては、キンズベイルの風船使い/Kinsbaile Balloonistに対するキンザーの銛打ち/Kinscaer Harpoonist休賢者/Fallowsageに対する虚賢者/Hollowsageなど。

新規キーワード能力共謀頑強萎縮。そのほか、混成マナ・シンボルの新しい形である単色混成マナ・シンボルが登場している。

ローウィン同様、基本土地は10人のアーティストの1枚の絵を2つに分割している(壁紙)。牧歌的で肥沃な風景を描いたローウィンの基本土地とは裏腹に、怪物たちの住むおどろおどろしい闇の世界の風景を描いた基本土地になっている。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mark Rosewater (lead)
Sean Fletcher
Mark Gottlieb
Devin Low
Ken Troop
開発チーム Aaron Forsythe (lead)
Devin Low
Alexis Janson
Matt Place
Jake Theis
Steve Warner
Doug Beyer
アート・ディレクター

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif