ジャッジメント

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ジャッジメント/Judgment
シンボル 天秤
略号 JU, JUD
コードネーム Carbon
発売日 日:2002年5月24日
セット枚数 全143種類

ジャッジメント/Judgmentは、オデッセイ・ブロックの2番目の小型エキスパンション。日本では2002年5月24日に発売された。意味は「審判」。

目次

[編集] 概要

偏重だったトーメントとのバランスを取るため、今セットではカードが多く、黒のカードが少ない。

新システムは願い幻影インカーネーション代言者がある。特にシルバーバレット戦略を可能とした願いサイクルの中でも、青と赤の願いは環境に大きな影響を与えた。

他にジャッジメントを代表するカードとして以下が挙げられる。

また、かつては「緑はジン4枚から」と言われたアーニーゲドンのエース、アーナム・ジン/Erhnam Djinnが再録されたが、ほとんど使用されることはなかった。アンコモンの幻影のケンタウロス/Phantom Centaurの方がよっぽど強かったため昔と現在のカードを比較した時のパワーインフレの例としてしばしば挙げられる。

Olle Rådeインビテーショナルカードである森を護る者/Sylvan Safekeeperが収録されたが、カードパワーが控えめだったこともあり、ほとんど使用されることはなかった。

多色カード緑白の組み合わせのみ4種類作られており、その全てがトーナメントで使用されるというポテンシャルを誇る。特にミラーリの目覚め/Mirari's Wakeスタンダードオデッセイ・ブロック構築でそのパワーを見せつけ、エクステンデッドでも猛威を振るった。また、土地も緑白関連のもののみが3種類登場している。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Brian Tinsman (lead)
Mike Elliott
Richard Garfield
Bill Rose
Mark Rosewater
デベロップ・チーム Randy Buehler (lead)
William Jockusch (lead)
Mike Elliott
Joe Hauck
Paul Barclay
貢献 Worth Wollpert
Mike Donais
Brian Schneider
アート・ディレクター Jeremy Cranford
Dana Knutson

[編集] 関連リンク

  1. "What Card Leak?"/「カード流出が何だって?」(Web Archive)(Feature 2002年5月1日)

[編集] 参考

QR Code.gif