バイバック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
バイバック/Buyback
種別 常在型能力
登場セット テンペスト・ブロック
時のらせん
未来予知
CR CR:702.26

バイバック/Buybackは、テンペスト・ブロックで登場し、時のらせんブロックで再登場したキーワード能力。この能力を持つインスタントソーサリースタックにある間に機能する2つの常在型能力からなる。


Corpse Dance / 死体のダンス (2)(黒)
インスタント

バイバック(2)(あなたがこの呪文を唱えるに際し、あなたは追加の(2)を支払ってもよい。そうした場合、その解決に際し、このカードをあなたの手札に加える。)
あなたの墓地にある一番上のクリーチャー・カード1枚を戦場に戻す。そのクリーチャーはターン終了時まで速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それを追放する。


[編集] 定義

バイバック [コスト]/Buyback [コスト]は、以下の2つの能力からなる。

[編集] 解説

要するに、バイバック・コストを支払うことで、その呪文を手札に戻して再利用できる能力である。

[編集] ルール

  • バイバック・コストを支払った呪文が打ち消されるなどして「解決に至らなかった」場合、手札には戻ってこない。「打ち消す」効果を持った呪文や能力によって打ち消される場合の他、対象不適正でルールにより打ち消される場合なども含む。
    • これを利用して、転覆/Capsizeの対象になったパーマネントを生け贄に捧げることにより、転覆をルールにより打ち消してバイバックを防ぐ、といったプレイングが存在する。
    • この説明として「手札に戻るのは効果の一部であるため」という理由を付けられることがあるが、これはテンペスト・ブロック当時では正しかったが、現在では誤りである。現在のルールでは、バイバックはその呪文が解決して墓地に置かれることに対する置換効果であり、また解決した呪文が墓地に置かれるのは効果の一部ではない。つまりバイバックで手札に戻るのは効果の一部ではない。
  • バイバック・コストを支払った呪文が徴用/Commandeerなどによりコントローラーが変更されても、解決時にオーナーの手札に戻る。
    • 時のらせんFAQなどに記載されていた裁定から変更されているので注意。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif