リスティック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

リスティック/Rhysticは、プロフェシーに登場した、「いずれかのプレイヤーが(マナ)を支払わない限り〜する。支払ったら〜する(または何もしない)」という呪文、またはそういった能力を持つカードのこと。


Rhystic Lightning / リスティックの稲妻 (2)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。リスティックの稲妻は、そのクリーチャーのコントローラーかそのプレイヤーが(2)を支払わないかぎり、それに4点のダメージを与える。支払われた場合、リスティックの稲妻はそれに2点のダメージを与える。


ルール上に特にキーワードとして定義されているわけではないが、この系統のカードのことをテーマデッキに同封された新しい能力を説明した紙で「リスティック魔術」や「リスティック能力」と言っていることや、それらの多くが名前に「リスティックの」とついていることから、「リスティック」と呼ばれる。

マナが支払われても効果を発揮するものもあるが、当然支払われた場合効果は低くなる。相手がマナを払わなければ同効果の通常の呪文よりも安価だが、逆に払われると割高・・・となるバランスになっていた。

相手に簡単に邪魔されるためなかなか思うような効果が出せずあまり使われなかったが、相手がマナを使った後に対応して撃つことの出来るインスタントのものは比較的使いやすく、高速デッキでリスティックの稲妻/Rhystic Lightning野生の力/Wild Mightが使われたことが有る。また、ウルザ・ブロックが使えた当時猛威を振るっていたストンピィヘの対策に青系のデッキが引き揚げ/Withdrawを採用していたこともあった。

  • オデッセイ・ブロックでの懲罰者カードも、マナ以外の代償を求めるようになったこれに近い仲間と言えるかもしれない。
  • 「いずれかのプレイヤー」がマナを払うことになっているものも有るが、そういうカードは自分で払うと損するので基本的には相手が払うものと考えて間違いない。

[編集] 該当カード

上記のほかに、不確定カウンターである再考/Rethinkも含まれることがある(さらに拡大解釈すれば、方向転換/Divertや各種不確定カウンターカードもリスティックと同じシステムであると見ることができる)。

[編集] 参考

QR Code.gif