代替コスト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

代替コスト/Alternative Costとは、呪文唱える際に、マナ・コスト以外で支払うことができるコストのことである。


Bringer of the White Dawn / 白の夜明けの運び手 (7)(白)(白)
クリーチャー — 運び手(Bringer)

あなたは、白の夜明けの運び手のマナ・コストを支払うのではなく、(白)(青)(黒)(赤)(緑)を支払うことを選んでもよい。
トランプル
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるアーティファクト・カード1枚を対象とする。あなたはそれを戦場に戻してもよい。

5/5


Massacre / 虐殺 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

対戦相手1人が平地(Plains)をコントロールしており、かつあなたが沼(Swamp)をコントロールしている場合、あなたは、虐殺をそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。
すべてのクリーチャーは、ターン終了時まで-2/-2の修整を受ける。


目次

[編集] 概要

その名の通り、本来のコストの「代わりに」支払って唱えることができるコストのこと。ルール文章には「あなたは[このオブジェクト]のマナ・コストを支払うのではなく、[処理]することを選んでもよい」あるいは「[このオブジェクト]はマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい」と書かれる。

特定の状況でのみ代替コストを支払えたり、特定の代替コストを支払った場合にのみ追加の効果を得たりする例もある。これらは特にキーワード能力による代替コストに多い。

そのカードがもともと持っている場合もあれば、別のカードの効果によって与えられる場合もある。

[編集] ルール

  • 代替コストを適用した場合でも、通常の呪文を唱える手順に従う。対象がないのに勝手に唱えたりはできないし、打ち消しされたりもする。
  • どのようなコストで支払っても、呪文自体の性質は変化しない。その呪文のマナ・コストや点数で見たマナ・コストなども変化しない。特別に許可されていない限り、ソーサリーインスタント・タイミングで唱えたりもできない。
  • 代替コストも「唱えるためのコスト」であるため、コストを軽減する効果増加させる効果が適用される。
  • 代替コストで代わりに支払えるのはマナ・コストのみである。追加コストまでは代替しない。
  • 1つのオブジェクトが複数の代替コストを適用できる場合でも、そのうちの1つしか適用できない。また、1つ1つの代替コストは独立しており、組み合わせたり混ぜ合わせたりすることもできない。
  • ある効果がオブジェクトのマナ・コストを支払わせるような場合(ペンドレルの変転/Pendrell Fluxなど)、そのオブジェクト自身が「マナ・コストを払うのではなく代替コストを支払うことを認める」能力を持っていた場合、その代替コストで支払ってもよい(CR:112.6c)。
  • 代替コストを適用した場合、呪文の性質によっては不利になることがある点に注意。
    • 例えば、ドリーム・ホール/Dream Hallsの代替コストで輝く群れ/Shining Shoalを唱えた場合、代替コストにXを含まないため、X=0しか指定できない。
      • 輝く群れ自身の持つ代替コストならば、代替コストにXが含まれているため、Xを指定できる。
    • また例えば、ドリーム・ホールの代替コストで炎渦竜巻/Firespoutを唱えた場合、赤マナ緑マナも支払われていないため、どちらの効果も現れない。一方、太陽の拳/Fist of Sunsの代替コストで炎渦竜巻を唱えた場合、赤マナも緑マナも支払われているため、どちらの効果も現れる。

[編集] 代替コストを定義するキーワード能力

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif