大群の力/Might of the Masses

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Might of the Masses / 大群の力 (緑)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それはあなたがコントロールするクリーチャー1体につき+1/+1の修整を受ける。


クリーチャー1体を、コントロールしているクリーチャーの数だけ強化する単体強化インスタント

巨大化/Giant Growthと比較すると3体はクリーチャーをコントロールしていたいところだが、コンバット・トリックとして使用するのであればクリーチャー数は気にしなくてよいことも多い。とりあえず最低でも+1/+1は保障されているのはありがたい。

エルドラージ覚醒にはエルドラージ落とし子・クリーチャー・トークンを生み出すカードが多数収録されているため、リミテッドではかなりの修整を得られる機会が多いだろう。まるで1マナ樫の力/Might of Oaksといった状態になることも珍しくない。そこそこの中堅クリーチャーがこれと共に無色のエルドラージを一方的に倒したり、大量のトークンの攻撃から攻撃が通ったトークンにこれを唱えてゲームを終わらせたり、といったこともよく見かける。マジック・オリジン再録時はそれほどトークンを出すカードが多くないため、巨大化とさほど変わらない使用感となっている。

[編集] 関連カード

クリーチャーに同様の修整をターン終了時まで付与するバリエーション。特記しない限り緑のインスタント。太字は攻撃クリーチャー数のみ参照。
同様の修整を継続的に与える能力を持つカード

タップ・アウトレット版はラノワールのビヒモス/Llanowar Behemothの項を、火力版は暴徒の正義/Mob Justiceの項を参照。

[編集] ストーリー

エルドラージ覚醒ほか
ゼンディカー/Zendikarに住むジョラーガ/Joragaのエルフによる、トロールへの対処法が描かれている(イラスト)。戦うのではなく、あえてトロールに自分たちの力を送り込むのだ。
ジョラーガのエルフは、トロールに領地から出て行けと言う必要がまったくない。単に彼らの力を渡すだけで、嬉々として襲撃に出かけることを我慢できなくなるからだ。
ラヴニカのギルド
ラヴニカ/Ravnicaの、集団の力を重視するセレズニア議事会/The Selesnya Conclaveによる巨大化呪文が描かれている(イラスト)。
「一つの理由により団結した多くの心よりも強いものはない。」

[編集] 参考

QR Code.gif