ウルザズ・サーガ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ウルザズ・サーガ/Urza's Saga
シンボル 2つの歯車
略号 US, USG
コードネーム Armadillo
発売日 1998年10月12日
MO:2010年3月23日
セット枚数 全350種類

ウルザズ・サーガ/Urza's Sagaは、ウルザ・ブロックの大型エキスパンション。1998年10月12日に発売された。意味は「ウルザの物語」。

目次

[編集] 概要

テンペスト・ブロックのストーリーから過去に遡り、プレインズウォーカー/Planeswalkerとして覚醒したウルザ/Urzaが、長い時をかけてファイレクシア/Phyrexiaとの戦いを準備する物語が始まる。

新規キーワード能力はサイクリングエコー。メカニズムとしては成長エンチャント休眠エンチャントエターナルエンチャントといったエンチャント関連のものや、フリースペルが登場した。

強迫/Duress変異種/Morphlingヨーグモスの意志/Yawgmoth's Willなどの強力カードや、トレイリアのアカデミー/Tolarian Academy通電式キー/Voltaic Keyなどの凶悪なコンボデッキキーカードがひしめき、MoMaスニークアタック波動機リアニメイトなどの高速コンボデッキが組まれる。そのため1ターンキルが横行し、禁止カードが連発された。このカードセットのデザイン・チームの一人だったMark Rosewaterは、このセットを生み出した事を「マジック史上最大の過ち」と言っている。このセットを作った後、実際に開発部全員が社長室に呼ばれて怒鳴られた、という逸話も存在する。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mike Elliott (lead)
Richard Garfield
Bill Rose
Mark Rosewater
デベロップ・チーム Mike Elliott (lead)
William Jockusch
Bill Rose
Mark Rosewater
Henry Stern (lead)
Beth Moursund
アート・ディレクター Ron Spears

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif