1/2

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

1/2とは、アンヒンジド(及びアングルード)環境でのみ使用することができる数の単位。通常、数の指定には正の整数と0のみ使用することができるが、そんな基本的なこともアンヒンジドでは通用せず、1/2単位の数の指定が可能である。


Little Girl (白/2)
クリーチャー — 人間(Human) 子供(Child)

(1/2)/(1/2)


Mons's Goblin Waiters (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) ウェイター(Waiter)

クリーチャー1体か土地1つを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに(R/2)を加える。

1/1


Saute (1)(赤)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。Sauteはそれに3+1/2点のダメージを与える。


この世界では端数処理も1/2単位で行われる。たとえば、火の玉/Fireballを3体の対象にX=5で唱えた場合、それぞれには5/3より小さくて5/3に最も近い1+(1/2)のダメージを与える

  • R&D's Secret Lairで「端数切り捨て/切り上げに従わせよう」と考えるかもしれないが、実は「整数で切り捨てる/切り上げる」とは一言も書いていない。
    • ただし、日本語版第4版の火の玉のルール文章は括弧書きに「(小数点以下切り捨て)」と書いてあるため、端数の切り捨ては1/2に従わない。

1/2のパワータフネスの他にも、1/2のライフや1/2のマナ・シンボルまで存在する。

  • 1/2のカードを手札から捨てるときなどは一体どうするのだろうか…? 黒枠的にいくならば、マジックの黄金律「実行不可能な行動は無視する」に従って、捨てることはない。だが、銀枠的には1/2枚捨てることも可能とされるだろう。さすがに破ることはしないまでも、かなりわけのわからないことになりそうである。
  • ただ不条理な遊びの要素にも見えるが、例えばSauteの様な細やかなパワー調整にも威力を発揮しており、意外とあなどれない。

[編集] 参考

http://mtgwiki.com/wiki/1/2」より作成
QR Code.gif