次元の混乱

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
次元の混乱/Planar Chaos
シンボル 2つの繫がった輪
略号 PLC
コードネーム Crackle
発売日 2007年2月2日
セット枚数 全165種類

次元の混乱(プレナー・カオス)/Planar Chaosは、時のらせんブロックの1番目の小型エキスパンション2007年2月2日に発売された。

目次

[編集] 概要

このエキスパンションでは、時間の歪みがさらに進み「異なる歴史を辿った別世界の過去」が実体化している、というストーリーを反映している。過去にカード化されているストーリー上の重要人物が、以前とは別の能力を持つ新しいカードとして多数登場している。

キーワード能力として消失が登場。待機Xや、マナ・コストより高いコストを持つエコーなど、既存の能力の新しいバリエーションも登場している。その一方で、時のらせんで初登場した刹那はわずか2枚しか存在しない。また、色ごとに割り振られているメカニズムがあり、救出カード変異恐喝カード分割カードキッカーとなっている。このうち分割カードは「カード全体も単色」という、それまで存在しなかった形式になっている点が特徴。アーティファクトは1枚も収録されていない。

黒と緑は、他の3色より収録カードが1枚少ない。これらの代わりに、ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmothケルドの後継者、ラーダ/Radha, Heir to Keldが収録されている。

次元の混乱のタイムシフトは、時のらせん再録とは異なり、「黒い神の怒り/Wrath of God」こと滅び/Damnationのように、過去の呪文と同等の効果を持つ、色の役割が入れ替わったカードとなっている。また、普通のカード同様にコモンアンコモンレアに区別されている。通常の色の役割に即したものと、次元の混乱独特の色の役割に当てはめられたものが存在する。

ブースターパックのカードの内訳は、コモン8枚、アンコモン2枚、レア1枚、タイムシフトのコモン3枚、タイムシフトのアンコモンまたはレア1枚。タイムシフトのアンコモンとレアの出る比率は3:1である。

  • 一見タイムシフトのカードが入手しづらく見えるが、カードの種類数の都合上、レアやアンコモンは通常のものと同じ確率で入手できる。例えば、1つのブースターパックに特定のレアカードが入っている確率は、通常のものでもタイムシフトのものでも1/40である。コモンに関しては、タイムシフトの方がやや入手しづらい。
    • パックからの入手確率という点で言えば、コールドスナップと並んで最もレアカードを集めやすいエキスパンションである。
  • 日本語版ブースターパックの裏面と、ブースターパック用ディスプレイボックスの裏面の広告文に誤記がある。タイムシフト・カードを「再録」と印刷されているが、正しくは「色の役割を変えて採録」である(タカラトミー「訂正とお詫び」)。

エキスパンション・シンボルは2つの繋がった輪であるが、これは平行世界を表すとともに、その象徴であるメビウスの輪でもあり、また図章化された「PC」(英語版タイトル「Planer Chaos」の略)の文字でもある。

[編集] 次元の混乱における色の役割

このセットでは色の役割が意図的に崩されており、従来、各色が持たなかった能力・効果が配分された。とはいえ、その色が役割として持っていなかっただけで、その能力を持つカードがその色に少数存在していた場合が多い(片足残して、片足伸ばす)。

具体的には以下の通り。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Bill Rose (lead)
Matt Place
Mark Rosewater
Paul Sottosanti
デベロップ・チーム Devin Low (lead)
Zvi Mowshowitz
Brian Schneider
Henry Stern
Mike Turian
アート・ディレクター

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif