基本土地タイプ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Plains / 平地
基本土地 — 平地(Plains)

(白)



Taiga
土地 — 山(Mountain) 森(Forest)

((T):あなたのマナ・プールに(赤)か(緑)を加える。)


基本土地タイプ/Basic Land Typeとは、平地の5つの土地タイプのこと。基本土地タイプを持つことと、基本土地であることは直接関係はない。

基本土地タイプを持つ土地は、それぞれのタイプに対応するマナ能力を持つ。それぞれ平地は白マナ、島は青マナ、沼は黒マナ、山は赤マナ、森は緑マナを出す。

  • 「荒地」は基本土地タイプではない。荒地/Wastesは基本土地ではあるが基本土地タイプを持たない。
  • 基本土地タイプが、1つの土地に2つ以上存在していてもよい。デュアルランドがまさにその例である。
  • 土地に基本土地タイプを与える能力が存在する。基本土地タイプを設定(変更)するもの(血染めの月/Blood Moonなど)と、基本土地タイプを追加するもの(夜のとばり/Blanket of Nightなど)があるが、それぞれ異なる挙動を示す。
    • 基本土地タイプを設定(変更)された土地は、古い基本土地タイプやルール文章、あるいはコピー効果から得ている能力をすべて失う。そして、新たな基本土地タイプによって得られるマナ能力を得る。これらはその他の継続的効果によって土地に与えられる能力を失わせるわけでは無いし、特殊タイプ基本伝説の氷雪など)や他のカード・タイプアーティファクト・土地クリーチャーであることなど)には影響しない。
    • 基本土地タイプを追加された土地は、本来の土地タイプやルール文章を失うことはない。それに加えて基本土地タイプと、対応したマナ能力を得る。

[編集] 変遷

  • 以前は"Basic Land"を「基本地形」と訳していたのに合わせ、「基本地形タイプ」と訳されていたが、日本語版総合ルールで変更され、その後第9版で実際のカード表記も変更された。おそらく、Landの訳語を「土地」に統一するためと、土地タイプの一種であることを分かりやすくするためであろう。
  • 基本土地タイプの設定による土地タイプやルール文章の喪失は、以前は「基本土地タイプが変わった土地」にのみ適用されていた。これは同じ基本土地タイプに設定された土地(例:血染めの月が戦場にある状態の狂気盲いの山/Madblind Mountain)は、基本土地タイプが変わっていないので土地タイプやルール文章を失わないと解釈でき、ひどく直感的でないことから、2011年2月の総合ルール更新で「基本土地タイプが設定された土地」に変更された。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

引用:総合ルール 20161111.0


QR Code.gif