警戒

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
警戒/Vigilance
種別 常在型能力
登場セット 多数
CR CR:702.20

警戒(けいかい)/Vigilanceは、神河物語で制定されたキーワード能力クリーチャーが持つ常在型能力である。


Serra Angel / セラの天使 (3)(白)(白)
クリーチャー — 天使(Angel)

飛行
警戒(このクリーチャーは攻撃してもタップしない。)

4/4


Vigilance / 警戒 (白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは警戒を持つ。


[編集] 定義

警戒/Vigilanceを持つクリーチャーは、攻撃に参加してもタップしない。

[編集] 解説

リミテッド・エディションから存在していた「攻撃に参加してもタップしない」能力をキーワード化したものである。これと同じ能力はオラクル更新により(ヨハン/Johanを除き)すべて警戒に変更された。

攻撃に参加したクリーチャーは通常タップ状態になってしまうため、ブロックに参加できないしタップ能力も使えない。しかし警戒を持っていればアンタップ状態を保つことができ、攻撃とそれらを両立できる。

常磐木能力のひとつであり、基本セットエキスパンションで頻繁に登場している。色の役割上ではの専売特許だったが、イーブンタイド頃から第2位としてのカードが増えてきている。また、次元の混乱においては「タップ/アンタップの操作」が得意なの役割に割り振られた。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif