伝承の語り部、チュレイン/Chulane, Teller of Tales

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chulane, Teller of Tales / 伝承の語り部、チュレイン (2)(緑)(白)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ドルイド(Druid)

警戒
あなたがクリーチャー呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。その後、あなたはあなたの手札から土地カード1枚を戦場に出してもよい。
(3),(T):あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。

2/4

Brawl DeckのWild Bounty統率者警戒に加え、クリーチャー呪文唱えるたびに成長のらせん/Growth Spiralがついてくる誘発型能力と、あなたコントロールするクリーチャーをバウンスできる起動型能力を持った伝説の人間ドルイド

5マナ2/4と、この色の組み合わせにしてはマナレシオが低いため、警戒を持っているとは言え戦闘要員としてよりシステムクリーチャーとしての側面が強い。全てのクリーチャー呪文にキャントリップがつくのは強力無比であり、その上これはマナ加速にもなり得るのが大きい。増やしたマナで以降の展開を補助したり、自身の起動型能力に費やしたり、或いは土地アンタップ状態で出ることに注目すれば軽いクリーチャーを次々と連鎖させる芸当も(手札が続く限り)可能。

起動型能力の方は、自身の誘発型能力だけでなく戻すクリーチャーのETB能力も再利用して活用できるならより強力。マナとタップが必要とは言えタイミングを選ばないので除去回避にもなり、運用次第では後述するようにコンボパーツともなり得る。

弱点としては5マナという重さと、自身の除去耐性の低さが挙げられる。これの後にどれだけ後続を展開できるかが課題となり、起動型能力の利用するにも更に1ターン待たなくてはならない。先述の通り他のクリーチャーに対して擬似的な除去耐性を与えるため、これ自身は真っ先に除去の的になってしまうだろう。出来ればマナを残して唱え、すぐさま後続を展開して最低でも一回は能力を誘発させたいところ。これらの弱点から構築では悠長に過ぎるが、統率者戦統率者として指定するには有力。これを出すためのマナ・クリーチャーが後引きでもこれの能力の燃料となり、これを除去されても土地を伸ばせることにより複数回唱えることが容易になる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エルドレインの王権のBrawl Deck限定収録の伝説のクリーチャーサイクル。各Brawl Deckの統率者で、いずれも3神話レア

[編集] ストーリー

チュレイン/Chulaneエルドレイン/Eldraine人間。男性。魔法の語り手で、その話を聞くものすべてに秘密の知恵を伝える[1]

フレイバー・テキストに登場
尊きグリフィン/Prized Griffin寓話の守り手/Keeper of Fables

[編集] 参考

  1. Brawl Deckの解説より。
QR Code.gif