Magic Online Vanguard

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Magic Online Vanguardは、Magic Online認定フォーマットの1つ。

[編集] 解説

文字通りヴァンガードのMagic Onlineバージョンであり、プレイヤーAvatar(アバター)キャラクターを1つ選び、その能力を駆使してゲームを行う。

ルールとしては紙版ヴァンガードとほぼ同じで、ゲームの開始時に統率領域に置いて使う。詳細なルールについてはヴァンガードの項を参照。Magic Online Vanguard特有の特徴して、プログラムであることを利用した、数値や選択にランダム性を含んだ能力を持つものもいる。

紙版はストーリーに登場するキャラクターがモデルとなっていたが、Magic Online Vanguardは実在のカードがモチーフとなっている。Flametongue Kavu AvatarProdigal Sorcerer Avatarなどの伝説のクリーチャーではないクリーチャーや、エンチャントNecropotence Avatar)などもモチーフとして使われている。カード名はMagic Onlineでは「Avatar - [元となったカードの名前]」、オラクルでは「[元となったカードの名前] Avatar」で表される。

最初はどのフォーマットでも好きなアバターを使うことができたが、2008年9月17日より、そのフォーマットで使用できるカードに対応したアバターのみが使えるように変更された。

2008年頃からプレイ数が減少していったことから、ゼンディカーリリース後はMagic Online Vanguardを用いたトーナメントは中止されることとなり、Masters Edition 3以降に配布されるアバターは全てテキストレス(能力手札補正子ライフ補正子を持たない)となった。テキストレスのアバターはヴァンガードとして使用できない。(→Standard w/Vanguard to be replaced with "Standardton"(Internet Archive)参照)

アバターの一覧はカード個別評価:Magic Online Vanguardを参照。

  • アバターの能力は基本的に変更されることはない。しかし、環境の状況によっていくつかのアバターの手札補正子やライフ補正子の値を変更されている。これまでに行われた変更に関しては、Magic Onlineフォーマットの変遷#Magic Online Vanguardを参照。
  • 導入最初期にはバグのせいでサイドボードから何枚でもヴァンガード・カードを入れることができた。その状態だとGoblin Warchief AvatarElvish Champion Avatar×10等で確定先手1ターンキルができてしまったりと、もはやマジックではなかった。
    • 現在ではこのバグは取り除かれ、ゲームごとに1枚しか入れられないが、フリーフォームにおいては好きなだけヴァンガードを入れることができる。

[編集] 参考

QR Code.gif