守護者計画/Guardian Project

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Guardian Project / 守護者計画 (3)(緑)
エンチャント

トークンでないクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、それがあなたがコントロールしている他のクリーチャーやあなたの墓地にあるクリーチャー・カードと同じ名前を持たない場合、カードを1枚引く。


戦場に出たクリーチャーがこれまで出したことのないクリーチャーならカード引けドローエンチャント

機能させるにはデッキ構築から調整する必要があるが、クリーチャーデッキでカードを引きたいなら獣に囁く者/Beast Whispererという強力なライバルが存在する。シングルシンボルであることや唱える以外の方法でも誘発するという差異はあるが、それだけでは専用デッキを組む動機付けにはならないか。マナ・コスト重め

統率者戦ブロールなどハイランダー構築のフォーマットでは必然的に条件を満たせる。リミテッドでも条件を満たしやすいためカード・アドバンテージ源として期待できる。

  • 誘発型能力if節ルールを使用している。誘発時と解決時の両方で条件を満たしていない場合、能力はスタックに置かれないか解決されても何も起きない。そのため、誘発後にクリーチャーが除去されてしまった場合、解決時に自身=同じ名前を持つカードが墓地に存在するため、カードは引けない。

[編集] 参考

QR Code.gif