不死

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
不死/Undying
種別 誘発型能力
登場セット 闇の隆盛
アヴァシンの帰還
モダンホライゾン
統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い統率者デッキ
Unfinity
指輪物語:中つ国の伝承統率者デッキ
ドクター・フー統率者デッキ
CR CR:702.93

不死(ふし)/Undyingは、キーワード能力の1つ。これを持つパーマネント戦場から墓地に置かれたときに誘発する誘発型能力である。


Young Wolf / 若き狼 (緑)
クリーチャー — 狼(Wolf)

不死(このクリーチャーが死亡したとき、それの上に+1/+1カウンターが置かれていなかった場合、それを+1/+1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)

1/1


Undying Evil / 死せざる邪悪 (黒)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで不死を得る。(それが死亡したとき、それの上に+1/+1カウンターが置かれていなかった場合、それを+1/+1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)


[編集] 定義

不死/Undyingは、「このパーマネントが戦場からいずれかの墓地に置かれたとき、それの上に+1/+1カウンターが置かれていなかった場合、それをオーナーコントロール下で+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に戻す」を意味する。

[編集] 解説

戦場から墓地に置かれるパーマネントを1回だけ復帰させることができる能力である(厳密には+1/+1カウンターが置かれていなければ何度でも復帰できる)。

ボード・アドバンテージの2対1交換ができる強力な能力だが、マナレシオは+1/+1カウンターが置かれたら順当なものになるデザインとなっている。

イニストラード・ブロックでは以外の各に存在する。また不死を与えるカードのみが持つ。

ミラディンの傷跡ブロック感染にとっては天敵。一撃で倒せない場合、延々と復活される事となる。

[編集] ルール

  • 不死と頑強を同時に持つクリーチャーが死亡した場合、不死と頑強が相殺してカウンターが置かれず墓地から戦場へ出るということは無い。どちらか先に解決した方の効果で戦場に出て、もう片方は解決しても何も起こらない。
  • 不死を複数持つクリーチャーが死亡した場合、戦場に戻った際に置かれている+1/+1カウンターは1つのみである。理屈は不死と頑強を同時に持つ場合と同じである。

[編集] +1/+1カウンターと-1/-1カウンターの相互作用

+1/+1カウンターが置かれた状態で、萎縮・感染や黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith等の-1/-1カウンターを置く効果との相互作用に注意。これらで不死クリーチャーが死亡した場合、不死は誘発しない場合がある。

通常、+1/+1カウンターと-1/-1カウンターは、状況起因処理の「単一のパーマネントに、+1/+1カウンターと-1/-1カウンターが置かれている場合、その2つのうちで少ないほうと同数だけ、両方のカウンターを取り除く」によって相殺される。これを利用して、堕落の三角護符/Trigon of Corruption等を使い不死クリーチャーを使いまわすことが可能。

だが、これらの効果で不死クリーチャーが死亡するとき、状況起因処理の「致死ダメージを受けた、タフネスが正の数であるクリーチャーは破壊される」、または「タフネスが0以下のクリーチャーはオーナーの墓地に置かれる」と同時に1つのイベントとして処理される。領域変更誘発による誘発能力(不死)が誘発するかは、このイベントの前を見ることになるので、死亡した時点で+1/+1カウンターが置かれた状態であったなら不死は誘発しない。(CR:704.8)

[編集] 関連リンク

[編集] Undying Week

WotCの公式ウェブマガジン『Daily MTG』では、2012年2月20日から24日にかけて「Undying Week(不死特集)」として、各連載記事で不死に関する特集が組まれた。以下は各コーナーの特集記事。

[編集] 脚注

  1. Splice of Life/連繋的な人生Making Magic 2004年9月13日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20231117.0

QR Code.gif