ソーサリー・タイミング

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ソーサリー・タイミング(Sorcery Speed)は、ソーサリー唱えられるタイミングのことをさす俗称。つまり、そのプレイヤー優先権を持ち、自分ターンメイン・フェイズ中で、スタックが空であるときである。


Sadistic Hypnotist / サディストの催眠術師 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) ミニオン(Minion)

クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚捨てる。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

2/2


Vulshok Battlegear / ヴァルショクの戦具 (3)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+3/+3の修整を受ける。
装備(3)((3):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。このカードはつけられていない状態で戦場に出て、クリーチャーが戦場を離れても戦場に残る。)



Salt Road Patrol / 塩路の巡回兵 (3)(白)
クリーチャー — 人間(Human) スカウト(Scout)

長久(1)(白)((1)(白),(T):このクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。長久はソーサリーとしてのみ行う。)

2/5

起動型能力は基本的にインスタント・タイミング起動できるが、サディストの催眠術師/Sadistic Hypnotistのように「この能力はあなたがソーサリーを唱えられるときのみ起動できる」と書かれている場合は、ソーサリー・タイミングでしか起動できない。装備長久など、定義にこれを含むキーワード能力も存在する。

  • 「ソーサリーを唱えられるとき」とは、厳密には「ルール上ソーサリーを唱えられると定義されたタイミング」を指す。ヴィダルケンの宇宙儀/Vedalken Orreryなどによりソーサリー呪文をインスタントプレイできるようになっていたとしても、ルール上唱えられるタイミングの定義は変化していないため、ソーサリー・タイミング限定の能力をインスタントプレイすることはできない。
    • ヴィダルケンの宇宙儀が影響するのは「カードを唱えること」のみであり、「能力の起動」には影響しないということにも注意。
  • 実際に唱えられるソーサリーを手札に持っている必要はない。また、何らかの効果によってソーサリー(または呪文全般)を唱えられない状況であっても実行できる。
  • 手札破壊を行う呪文や能力の多くは、ソーサリー・タイミングでしか唱えたり起動したりできない。これは、対戦相手カード引いた直後に捨てさせることによってハンドロックできるのを防ぐためである。インスタント・タイミングでプレイできる手札破壊もあるにはあるが、捨てさせる枚数が少ないなどの制約がついている場合がほとんどである。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif