頑強

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
頑強/Persist
種別 誘発型能力
登場セット シャドウムーア・ブロック
モダンホライゾン
CR CR:702.79

頑強(がんきょう)/Persistは、シャドウムーア・ブロックで初登場したキーワード能力。これを持つパーマネント戦場から墓地に置かれたときに誘発する誘発型能力である。


Gravelgill Axeshark / 砂利エラの斧鮫 (4)(青/黒)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) 兵士(Soldier)

頑強(このクリーチャーが死亡したとき、その上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それを-1/-1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)

3/3


Cauldron of Souls / 魂の大鍋 (5)
アーティファクト

(T):望む数のクリーチャーを対象とする。それらのクリーチャーはそれぞれ、ターン終了時まで頑強を得る。(それが死亡したとき、その上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それを-1/-1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)


[編集] 定義

頑強/Persistは、「このパーマネントが戦場からいずれかの墓地に置かれたとき、それの上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それをオーナーコントロール下で-1/-1カウンターが1個置かれた状態で戦場に戻す」を意味する。

[編集] 解説

戦場から墓地に置かれるクリーチャーを通常1回だけ復帰させることができる能力である。ただし、復帰するとサイズが一回り小さくなってしまう。

頑強を持つクリーチャーは単体除去全体除去問わずそれなりの耐性を持つ。2対1交換が前提になってしまうため、コントロールデッキにとってやっかいな能力である。

  • 厳密には-1/-1カウンターが置かれていなければ何度でも復帰できるため、-1/-1カウンターを取り除く能力や+1/+1カウンターを乗せる能力(-1/-1カウンターと相殺する)、カウンターを置けなくする能力とは相性がよい(→無限頑強)。
  • 逆にまだ一度も頑強で復帰したことがなかったとしても、他の方法であらかじめ-1/-1カウンターが置かれていると復帰できないため萎縮感染などに弱い。

シャドウムーア・ブロックでは全色に存在するほか、モダンホライゾンで新たに2枚が登場した。

[編集] ルール

  • 頑強能力が適用されるかどうかは、そのパーマネントが戦場を離れる直前で頑強を持っていたかどうかで判定される。そのため、謙虚/Humilityによって妨害されるが、イクスリッドの看守/Yixlid Jailerでは妨害されない。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20211119.1

QR Code.gif