忘却の偶像/Idol of Oblivion

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Idol of Oblivion / 忘却の偶像 (2)
アーティファクト

(T):カードを1枚引く。この能力は、このターンにあなたがトークンを生成していたときにのみ起動できる。
(8),(T),忘却の偶像を生け贄に捧げる:無色の10/10のエルドラージ(Eldrazi)・クリーチャー・トークンを1体生成する。


コーシ/Cosi像である前年の古き石の偶像/Ancient Stone Idolに続いて登場した、ウーラ/Ula像のアーティファクト。設置して即トークンに変換した場合の合計コストは10となり、絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hungerと同じマナレシオ

しかしそちらは付録的な要素であり、本領は起動マナを用いずに済む稀有なドロー・アーティファクト。専用のトークンデッキで用いるのであれば実に軽いと言える起動条件。苦花/Bitterblossomの類や石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancerの様なトークン系統率者を1つ維持しているだけで無理なく使い続けられるので、トークン色がさほど濃くないデッキでも充分ポテンシャルを発揮できる。これが戦場に出る前に既に生成を済ましていても良いので、落とし子宝物のマナからこれに繋げれば設置即ドローもたやすい。

そのドローエンジンとしての優秀性ゆえ、8マナまで到達しても除去耐性もないバニラトークンに変換してしまうには惜しいものがある。とは言えそのサイズによる暴力にも魅力はあるので、たんまりドローした末に居住などで増産する態勢が整った状況になっているなら仕掛けてみる価値もある。

[編集] 参考

QR Code.gif