平和な心/Pacifism

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Pacifism / 平和な心 (1)(白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーでは攻撃したりブロックしたりできない。


エンチャントしたクリーチャーを平和な気持ちにさせ、戦闘できなくしてしまうオーラ単体除去の基本パターンのひとつ「殺さず無力化する」擬似除去の代表格であり、基本セットの常連。

最大の利点は、たったの2マナというコスト・パフォーマンス。単体除去最強のでさえ、2マナでとなると恐怖/Terrorのように対象が限定されたり、影の中の貪り/Devour in Shadowのように多大なリスクを要求されたりするのに、そういった制限もない。エンチャントであるためソーサリー・タイミングでしか使用できないが、それを差し引いてもやはり優秀。

とはいえ能力に対しては何も対処できないため、システムクリーチャーに対してはほとんど意味を成さない。また何らかの手段ではずされて無効化される可能性が常にあり、対象や状況によっては確実性に欠ける側面も否めない。特に攻撃クリーチャー指定後にインスタント・タイミングではずされてブロックに回られる危険性は常に意識しておきたい。

つけた対象を戦場に残してしまうのは前述通り欠点ではあるが、状況によっては利点にもなる。例えば通常の除去に強いダークスティールの巨像/Darksteel Colossusなどを押しとどめておくのには有効。維持コスト的なペナルティ能力を持つクリーチャー(奈落の王/Lord of the Pitなど)につけて放置するのも美味しい。

リミテッドでは強力な除去であり、非常に便利なカード。エンチャント破壊カードをピックしていないプレイヤーも珍しくないため、割られる危険性も相対的に低く、かなり頼れる。

構築ではトーナメントレベルのカードではないとみなされがちであるが、状況は選ぶものの軽く扱いやすい除去であるため、メタゲームによっては活躍の余地はある。カードプールが狭いブロック構築ではしばしば見られるし、またスタンダードでもラヴニカ・ブロック期のボロスウィニー神河ブロック期の青白コントロールなどで採用された。さらにはなんと、旧エクステンデッドザ・ガンにて、かの剣を鍬に/Swords to Plowsharesよりも優先して投入されていた実績まである。またオーラである点に注目され、ファントム・メナス脂火玉/Tallowispからのシルバーバレットを前提に使用されていたことも。

[編集] 関連カード

先輩には洗脳/Brainwashセラの獣小屋/Serra Bestiaryなどがある。

[編集] 主な亜種

攻撃制限オーラ。太字のものはブロックも制限する。

起動型能力も封じる亜種は拘引/Arrestのページを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif