コンスピラシー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
コンスピラシー/Conspiracy
シンボル 記章
略号 CNS
発売日 2014年6月6日
セット枚数 全210種類

コンスピラシー/Conspiracy2014年6月6日に発売された多人数戦ドラフト用のカードセット。黒枠。日本語版、英語版、中国語(簡体字)版で発売される。キャッチコピーは「選択・潜思・宣戦!/Pick. Plot. Play!」。

販売形式はブースターパックのみ。Magic Onlineでは発売されないが、一部の新規カードはVintage Mastersに収録される。

目次

[編集] 概要

ダク・フェイデン/Dack Faydenの故郷である次元/Plane、陰謀渦巻くフィオーラ/Fioraが舞台となる。一部の新規イラスト再録カードの中にはミラディン/Mirrodinラヴニカ/Ravnicaなどといった別の次元も描かれている(参考1,参考2)。

多人数戦ブースター・ドラフト用に作られた特殊カードセット。ドラフト中に効果を発揮する能力を持ったカードや、ヴァンガード英雄カードのようにデッキとは別にゲームに投入する策略カードが登場する。これらのカードには文章欄に封蝋シンボルの透かしが印刷されており(カード画像)、基本土地カードの代わりに各パックにいずれか1枚が封入されている。

収録カード総数210枚中、65枚は完全な新規カードである。新規カードは慣例通りレガシーおよびヴィンテージで使用可能となるが、策略カードは13枚すべてが発売と同時に禁止カードとなる(参考/翻訳)。その他の再録カードの使用可否はそれぞれ該当フォーマットに準ずる。

カード・タイプとして策略、新キーワード能力として廃位秘策、新能力語として議決協議、新キーワード処理として投票が登場する。また、再録メカニズムとして土地サイクリング多重キッカー陰鬱が選出されており、陰鬱は新規カードも登場している。

  • 輸送上の問題のため、日本国内での英語版の発売が6月6日から6月20日へ延期された。日本語版の発売は予定通り6月6日である(参考)。
  • 英語名が同じ名前のカードが存在する(奸謀/Conspiracy)が、このセットとの関連性はない。
    • Daily MTGのReConstructedにおいて、コンスピラシーの発売を記念して奸謀を使ったデッキの募集・紹介が行われた(参考/翻訳)。
  • 従来までの多人数戦用セットとは異なり、コレクター番号が新規カード→再録カードの順でふられている。

[編集] 発売前情報

コンスピラシーの発売前情報は「暗号化された情報」として各所に散りばめられ、解読することでプレビューカードなどの情報を得ることができた。

神々の軍勢プレリリース・トーナメント
神々の軍勢のプレリリース・キット内に、真価の宗匠/Magister of Worthプロモーション・カードが発見された。カード裏面にはワシントン州に繋がる電話番号が印字されており、電話をかけると暗号化された歯車式司書/Cogwork Librarianの情報を得る事ができた。
製品ページ
Daily MTGコンスピラシー製品ページは、発表された当初はすべてが暗号で記述されていた。
PAX East
2014年4月11日~13日にボストンで行われたゲームイベント・PAX Eastにて、コンスピラシーを含む新製品の情報が一部公開された。後日アップロードされた同イベントの様子を撮影した動画内には一瞬だけQRコードが映り込んでおり、謎のTwitterアカウントへのリンクが隠されていた。アカウント内のリンクを辿ると秘密を盗む者/Stealer of SecretsPNG画像を得ることができ、さらにこの画像に埋め込まれたテキストファイルを解析することで、プレインズウォーカー・カードのダク・フェイデン/Dack Faydenの存在(カード名タイプ行と一部のルール文章)が明らかになった。
また、ファイル内には暗号が記載されており、解読すると以下のとおり。
"Secrets, like coins, are easy to steal."
「秘密はコインのように、簡単に盗める。」
これは後にマルチェッサの浸透者/Marchesa's Infiltratorフレイバー・テキストであることが判明した。
コナミコマンド
Daily MTGのコンスピラシー製品ページ内でコナミコマンド(↑,↑,↓,↓,←,→,←,→,B,A,Enter)を入力することで、ダク・フェイデンの全身イラストマナ・コストが表示される。
  • 日本語版のページだと成功しないため、あらかじめ言語設定を英語にしておく必要がある。
暗号のつぶやき
前述のTwitterアカウントでは、不可解な文字列が断片化された暗号としてつぶやかれていた。この暗号に従い、Daily MTGのDesigning for Developmentの記事内で「PALIANO」と入力するとダク・フェイデンの完全なカード画像を見ることができる。

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Shawn Main (lead)
Dan Helland
David Humpherys
Kenneth Nagle
Matt Tabak
デベロップ・チーム David Humpherys (lead)
Dan Emmons
K.Joseph Huber
Sam Stoddard
Gavin Verhey
Matt Tabak(協力)

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif