スピリット

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

スピリット/Spiritは、クリーチャー・タイプの1つ。精霊や実体の無い霊体を指し、神聖なものから邪悪なものまで多岐に渡る。


Tradewind Rider / 貿易風ライダー (3)(青)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

飛行
(T),あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャー2体をタップする:パーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。

1/4


Eternal Dragon / 永遠のドラゴン (5)(白)(白)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon) スピリット(Spirit)

飛行
(3)(白)(白):あなたの墓地にある永遠のドラゴンをあなたの手札に戻す。この能力は、あなたのアップキープの間にのみ起動できる。
平地(Plains)サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:あなたのライブラリーから平地カードを1枚探す。それを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。)

5/5


Geist of Saint Traft / 聖トラフトの霊 (1)(白)(青)
伝説のクリーチャー — スピリット(Spirit) クレリック(Cleric)

呪禁(このクリーチャーは、あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。)
聖トラフトの霊が攻撃するたび、タップ状態で攻撃している、飛行を持つ白の4/4の天使(Angel)クリーチャー・トークンを1体生成する。戦闘終了時に、そのトークンを追放する。

2/2

初出はレジェンドラジャンの精/Radjan SpiritThunder Spiritアイスエイジ四大スピリット以降、毎ブロックに2~3枚は登場する常連タイプとなる。神河ブロックではテーマの一つになり、それまで55体しかいなかったものが一気に169体(反転カード含む)も追加され、クリーチャー・タイプにおける一大勢力(当時クリーチャー数第2位)に急成長した。その後もさらに増え、一時は兵士を抜いてクリーチャー数で最大を誇る部族であったが、現在は若干失速気味で、人間ウィザードに抜かれたほか兵士にも逆転を許し4位となっている(各種カードランキング)。イニストラード・ブロックおよびイニストラードを覆う影ブロックでもテーマ部族のひとつで、白青に割り振られている。長らく不在であったロードにあたるクリーチャーもようやくお目見えした。Magic Onlineでのミラージュ販売からローウィン時の大再編までのクリーチャー・タイプ再編期にゴーストポルターガイスト等のマイナー種族をかなり吸収する一方、エレメンタル天使デーモンなど新たにタイプを与えられたスピリットも多い。

にほぼ満遍なく存在する。5色サイクルを成す事も多い。

タイプ的な統一感はほぼ無かったタイプであったが、ジャッジメントでは幻影クリーチャーが共通の能力をもったスピリットだった。神河ブロックでは専用のキーワード能力として転生を持つものが多く存在する。

部族カードは神河ブロックで転生とスピリットクラフトを筆頭にかなりの数が存在する。ロードは戦場の霊/Battleground Geist絞首台の守部/Gallows Wardenドラグスコルの隊長/Drogskol Captain。また、クリーチャーではないものに遥か忘れられし御幣/Long-Forgotten Goheiがある。

スピリット・トークン生成するカードは多く、神河ブロックのカードは無色の1/1、その他のものは飛行を持ち単色、あるいは白黒の1/1である事が多い(→トークン一覧)。ヴァンガードではTeysa, Orzhov Scion Avatarが存在する。

伝説のスピリットは反転カードを含めると統率者2017現在70体存在する(「伝説の(Legendary)・スピリット(Spirit)」でWHISPER検索)。そのほとんどが神河ブロックで登場したものである。伝説のクリーチャーの数では、人間に次いで2位。

[編集] イメージと歴史

初期は地の底の精霊/Subterranean Spiritはエレメンタルだったり無規律の死霊/Entropic Specterスペクターではなくスピリットであったりと種族イメージが曖昧だった。クリーチャー・タイプ再編では、名前にSpiritが付くクリーチャーにはすべてスピリットが与えられたが、Spiritの名前を持ちながらも自然を具現化したようなクリーチャーにはエレメンタルが与えられるなど整理された。

現在では

がスピリットに分類されるようだが、憑依された護衛/Haunted Guardian構築物であったりと必ずしも一定していない。

  • カード名では「スピリット(ミラージュ初出)」と「精(第4版初出)」の2種類の訳語が混在しており、ごくまれに「精霊」「霊魂」と訳される。現在は「スピリット」が支配的である。

[編集] 参考

QR Code.gif