対消滅

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

対消滅(ついしょうめつ、Annihilation)は、かつての(神河物語登場時~基本セット2014登場前の)レジェンド・ルールおよびプレインズウォーカーの唯一性ルールにより、複数のパーマネントが同時に墓地に置かれることを示した俗語。

[編集] 解説

上述の当時のレジェンド・ルールならびにプレインズウォーカーの唯一性ルールにおいては、「戦場に同名の伝説のパーマネントが2つ以上、あるいは同じプレインズウォーカー・タイプのパーマネントが2つ以上ある場合、それらをすべて墓地に置く」というルールであった(詳細はレジェンド・ルールおよびプレインズウォーカーの唯一性ルールを参照)。このため、同名の伝説のパーマネントでありさえすれば対消滅させることができたので、対戦相手とデッキの構成が似ている場合、相手の伝説のパーマネントを狙って墓地送りにすることができた。また、構成が違うデッキであってもコピー効果を使えば対消滅を狙えるため、ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter幻影の像/Phantasmal Imageで道連れにするプレイングは頻繁に利用された。

また、対処の難しいプレインズウォーカーに対しても対消滅させることは有効な対策であった。実際に精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptorへの対策として1マナ軽いジェイス・ベレレン/Jace Belerenが投入されることがあった。

基本セット2014発売に伴い、レジェンド・ルールおよびプレインズウォーカーの唯一性ルールのルールが変更され、複数のプレイヤーが同じ名前伝説のパーマネント1つずつと、同じプレインズウォーカー・タイププレインズウォーカーを1体ずつをコントロールできるようになったため、上記の「対戦相手と自分とでの対消滅」は不成立となった。同一プレイヤーのコントロール下で同名または、同プレインズウォーカー・タイプのパーマネント3つ以上が同時に戦場に出ない限り「対消滅」と言える状況は発生しなくなり、事実上死語となったといえる。

[編集] その他

  • 初期のレジェンド・ルールでも「対消滅」といえる状況は有り得たのだが、同名の伝説のパーマネントが生ける屍/Living Death実物提示教育/Show and Tellなどで「全て同時に」戦場に出ないと起こらなかったため、それほど起きるものではなかった。
  • 本来は物理学用語である(参考→Wikipedia:ja:対消滅)。
  • 英語名が似ているが、滅殺/Annihilateキーワード能力滅殺(Annihilator)とは関係ない。
  • 日本語/英語ともに読みが間違われやすい。
    • たいしょうめつ」ではなく「ついしょうめつ」である。英語の読みは「アナイアレイション」が近い。

[編集] 参考

QR Code.gif