搭乗

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

搭乗(とうじょう)/Crewは、カラデシュで登場したキーワード能力。これは機体が持つ起動型能力である。


Sky Skiff / 航空艇 (2)
アーティファクト — 機体(Vehicle)

飛行
搭乗1(あなたがコントロールする望む数のクリーチャーを、パワーの合計が1以上になるように選んでタップする:ターン終了時まで、この機体(Vehicle)はアーティファクト・クリーチャーになる。)

2/3


Speedway Fanatic / 競走路の熱狂者 (1)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) 操縦士(Pilot)

速攻
競走路の熱狂者が機体(Vehicle)1つに搭乗するたび、ターン終了時まで、その機体は速攻を得る。

2/1


Revoke Privileges / 特権剥奪 (2)(白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーでは攻撃したりブロックしたりできず、それは機体(Vehicle)に搭乗できない。


目次

[編集] 定義

搭乗N/Crew N」は、「あなたコントロールするパワーの合計がN以上の望む数のアンタップ状態のクリーチャータップする:ターン終了時まで、このパーマネントアーティファクト・クリーチャーになる。」を意味する。

クリーチャーが「機体1つに搭乗する/Crew a Vehicle」とは、機体の搭乗能力起動するためのコスト支払うためにそのクリーチャーをタップすることである。

クリーチャーが「機体に搭乗できない/Can't crew Vehicles」という効果があったなら、機体の搭乗能力を起動するためのコストを支払うためにそのクリーチャーをタップすることはできない。

[編集] 解説

機体にクリーチャーが乗り込むことで動き出すメカニズム。すべての機体はこの能力を持つ。

[編集] ルール

搭乗の起動に関するルール
クリーチャー化に関するルール
  • クリーチャー化した機体は召喚酔いの影響を受けるので注意。戦場に出したターンにクリーチャー化しても攻撃できない。
  • 機体がクリーチャーになることは、クリーチャーが戦場に出たこととして扱わない。そのパーマネントはすでに戦場に出ていて、そのタイプが変わっただけである。クリーチャーが戦場に出るたびに誘発する能力は誘発しない。
  • 搭乗能力そのものは基本のパワーとタフネスを設定しない。
その他のルール
  • 搭乗の起動が終わったなら、もうその機体が搭乗したクリーチャーを参照することはない。搭乗したクリーチャーが戦場を離れたり、そのパワーが変化したりしても、機体には影響しない。また、逆に機体が戦場を離れても、搭乗したクリーチャーが影響を受けることはない。
  • 「~が機体1つに搭乗するたび」という誘発型能力は、搭乗の起動コストを支払ったときに誘発し、スタックに置かれる。それは搭乗能力よりも先に解決される。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif