ペナルティ能力

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ペナルティ能力(Drawback)とは、ライフの損失やダメージなど、自分に不利益になるような効果のついた能力のことをしめす俗称。


Juzam Djinn (2)(黒)(黒)
クリーチャー — ジン(Djinn)

あなたのアップキープの開始時に、Juzam Djinnはあなたに1点のダメージを与える。

5/5


Erhnam Djinn / アーナム・ジン (3)(緑)
クリーチャー — ジン(Djinn)

あなたのアップキープの開始時に、対戦相手1人がコントロールする壁(Wall)でないクリーチャー1体を対象とする。それはあなたの次のアップキープまで、森渡りを得る。(それは、防御プレイヤーが森(Forest)をコントロールしているかぎりブロックされない。)

4/5

多くの場合、コストのわりに高い能力を持つカードにおいて、釣り合いをとらせるためにデメリットがついている。

そういったカードが採用される場合はたいてい、

  1. メリットが大きいので、ペナルティを甘受して使う(スーサイドブラックにおけるカーノファージ/Carnophageペインランド
  2. ペナルティを逆にメリットに変換する(ステューピッドグリーンにおける暴走するヌー/Stampeding Wildebeests
  3. 他のカードと組み合わせてペナルティをなるべく軽減する(ファイアーズにおけるブラストダーム/Blastodermヤヴィマヤの火/Fires of Yavimaya

ことを前提としてデッキを組む。

[編集] ペナルティ能力であるキーワード能力

[編集] 参考

QR Code.gif