レベル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

レベル/Rebelクリーチャー・タイプの1つ。「反乱者」の意。


Lin Sivvi, Defiant Hero / 果敢な勇士リン・シヴィー (1)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) レベル(Rebel)

(X),(T):あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストがX点以下のレベル(Rebel)・パーマネント・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
(3):あなたの墓地にあるレベル・カード1枚を対象とし、それをあなたのライブラリーの一番下に置く。

1/3


Ramosian Sergeant / レイモス教の兵長 (白)
クリーチャー — 人間(Human) レベル(Rebel)

(3),(T):あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが2以下のレベル(Rebel)・パーマネント・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

1/1


Dunerider Outlaw / 砂丘乗りの無法者 (黒)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) レベル(Rebel) ならず者(Rogue)

プロテクション(緑)
各終了ステップの開始時に、このターン砂丘乗りの無法者が対戦相手にダメージを与えていた場合、その上に+1/+1カウンターを1個置く。

1/1

初出はマスクス・ブロックリクルートメカニズムを有した部族として傭兵と対を成すの部族として登場した。オンスロートでは鞭縄使い/Whipcorderが何故か単独で登場した。時のらせんブロックでも数を増やした。

マスクス・ブロックでは反逆者の密告人/Rebel Informerスカイシュラウドの密猟者/Skyshroud Poacherを除きクリーチャーだったが、時のらせんブロックでは白と黒に存在する。

最大の特徴は、反乱の輪が広がる様子を再現した「リクルート」と呼ばれる能力で、自分より点数で見たマナ・コストの高いレベルをライブラリーから直接戦場に出すことができる。打ち消されることなく展開できるのでパーミッションに対し有利であり、またインスタント・タイミング起動できることからパーミッション側が用いるのにも適している。

部族カードは、リクルーターを除けば墓地からライブラリーにレベル・カードを戻せる果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Hero墓地から戦場に出すレイモス教の復興論者/Ramosian Revivalist、対抗カードである反逆者の密告人/Rebel Informer粗暴な抑制/Brutal Suppression未来予知ではマジック初の部族(カード・タイプ)である静寂の捕縛/Bound in Silenceが登場した。

伝説のレベルは革命家チョー=マノ/Cho-Manno, Revolutionary果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Heroの2体が存在する。

[編集] ストーリー

レベルとは「反乱者」の意。字面だけ読むと「秩序」のである白であることに違和感があるが、「悪政に立ち向かう者たち」という背景ストーリーを踏まえたものである。

メルカディアン・マスクスでは「メルカディア市/Mercadia Cityに立ち向かうレイモス教団の戦士たち」、ネメシスでは「ラース/Rath要塞/Strongholdに蜂起した諸種族」、プロフェシーでは「ラトゥーラ/Latullaケルド/Keld侵略軍と戦うキパム連盟/Kipamu League」が該当する。

時のらせんブロックではまとまったイメージは無く、構築済みデッキレベル連合/Rebels Uniteの解説文でも「a ragtag group of scrappy fighters(寄せ集めの戦士の継ぎ接ぎの集団)」と称されている。

  • RPGなどで言う「レベル(Level)」とは意味も綴りも発音も違うので注意。
  • 反逆者の密告人/Rebel Informerを見ればわかるように、カード名での定訳は「反逆者」である。クリーチャー・タイプでは訳さずにカタカナ表記にしたのは、イメージ優先の苦肉の策であろう。さすがに主人公たちに協力してくれる善玉勢力が「反逆者」では聞こえが悪い。

[編集] 参考

QR Code.gif