多人数戦

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

多人数戦/Multiplayer Gameとは、3人以上のプレイヤーによって行われるゲームである。

目次

[編集] 解説

マジックカードは昔から多人数戦でも概ね問題なく楽しめるように作られてきたが、公式には多人数戦用のルールはつくられておらず、大会などもなかった。しかし、長い間の議論の末、第9版から正式に総合ルールCR:800に記述されることになった。また、定められた変種ルールのうち双頭巨人戦2005年10月1日から構築エターナルリミテッドシールドのみ)の各フォーマットで認定され、認定トーナメントが開催されるようになった。

総合ルールに制定されている多人数戦の変種ルールには、単純に生き残りが1人になるまで戦う「無差別戦」「大乱闘戦」、複数のプレイヤーでチームを組んで戦う「チーム対抗戦」「皇帝戦」「双頭巨人戦」「交互チーム戦」がある。これらの変種ルールは1つのみ適用できる。公式のルールのほか、統率者戦魔王戦などのカジュアル変種ルールや、様々なハウスルールを用いたカジュアルプレイも盛んである。

多人数戦には2人対戦とは色々と異なる性質があるため、「影響範囲制限」「複数への攻撃左翼への攻撃右翼への攻撃」「共有チーム・ターン」「クリーチャー配置」といった選択ルールが用意されている。これらの選択ルールはいくつでも選択してもよい(複数・左翼・右翼への攻撃はいずれか1つのみ)。変種ルールによっては、特定の選択ルールの採用が必須となる場合もある。そのほかにも、カジュアルでは「先攻ドローの有無」などが選択ルールとして用いられることもある。

[編集] ルール

  • 各プレイヤーが最初にマリガンを行う場合、6枚ではなく7枚のカードを引く。それ以降のマリガンでは、通常通り1枚ずつ引ける枚数が減っていく。
    • 共有チーム・ターンを用いたゲームではより詳細なルールが存在する。詳細は共有チーム・ターンを参照。

[編集] ゲームから離れたプレイヤーに関するルール

  • プレイヤーがゲームから離れたら、そのプレイヤーがオーナーであるオブジェクトは、アンティ領域にあるものを除いてすべてゲームから離れ、そのプレイヤーにコントロールを与えているコントロール変更効果は終わる。スタックにあるそのプレイヤーがコントロールする、呪文コピー能力は消滅し、その後、まだそのプレイヤーがコントロールするオブジェクトがあれば、それらは追放される。この一連の処理は状況起因処理ではなく、そのプレイヤーがゲームから離れてすぐに発生する。
    • プレイヤーが優先権を持っている時にゲームから離れた場合、ゲームに残っている、ターン順で次のプレイヤーに優先権が発生する。
  • ゲームから離れたプレイヤーにコントロールを移す効果はそれを移さず、トークンを生成する効果はトークンを生成しない。
  • ゲームから離れたプレイヤーがオーナーであるオブジェクトは生成されない。
  • ゲームから離れたプレイヤーがコントロールする誘発型能力はスタックに置かれない。
  • ゲームから離れたプレイヤーには戦闘ダメージを与えられない。
  • 何らかのオブジェクトがゲームから離れたプレイヤーに選択を求める場合、そのオブジェクトのコントローラーは別のプレイヤーを選んで選択を行わせる。
    • 元の選択がそのオブジェクトのコントローラーの対戦相手によるものならば、そのコントローラーは可能なら他の対戦相手を選ぶ。
  • 何らかの効果が特定のプレイヤーの情報を求める場合、その効果は、ゲームに残っているプレイヤーなら現在の情報を用いて、そうでなければ、そのプレイヤーがゲームから離れる直前の最後の情報を用いる。

[編集] 多人数戦向けセット

ウィザーズ社2009年から毎年、多人数戦向けに開発されたデッキを発売されている。通常のデッキ以外に定形外のマジックのカードまたは特殊なカードが封入されているのも恒例。2011年に発売された統率者以降は新規カードも封入されている。

[編集] 発売されたセット

括弧内は封入された定形外カードまたは特殊なカード。

[編集] 主な多人数戦ルール

[編集] 変種ルール

[編集] カジュアル変種ルール

[編集] 選択ルール

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif