レジェンド・ルール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

レジェンド・ルール/Legend Ruleは、状況起因処理のうち特殊タイプ伝説の』を持つパーマネントに関する処理の呼称。総合ルールに定義されている正式な用語である。

目次

[編集] 定義

プレイヤーが同じ名前の伝説のパーマネントを2つ以上コントロールしている場合、そのプレイヤーはその中から1つを選び、残りはそのオーナー墓地に置かれる

[編集] 解説

レジェンド・ルールが適用されるのは、複数のパーマネントが同じ名前であり、なおかつそれらが全て特殊タイプ伝説の」を持つ場合だけである。「同じ名前であるが、どちらか片方しか『伝説の』を持っていない」「両方とも『伝説の』を持っているが、名前が違う」というような場合はこのルールは適用されない。逆に、条件を満たしているならば、その他の特性カード・タイプなど)が異なっていたとしても墓地に置かれる。

例えストーリー上で同一の人物・物であったとしても、名前が異なっているならばルールは適用されない。例としては、熟達の魔術師アーテイ/Ertai, Wizard Adept堕落した者アーテイ/Ertai, the Corrupted月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowedなど。

[編集] 過去のルール

[編集] 基本セット2014より前のルール

基本セット2014発売に伴う2013年7月13日の総合ルール更新より前のレジェンド・ルールでは、同名の伝説のパーマネントコントローラーに関係なく1つしか戦場に存在することができなかった。また、同名の伝説のパーマネントが2つ以上同時に戦場に出た場合、1つも残せず、すべて墓地に置く必要があった。

現在のルールに変更した理由については、コラム記事「Legendary Rule Change」(翻訳)において以下のように述べられている。

  • クローン/Cloneを利用して対戦相手の伝説のクリーチャーを除去する、あるいはプレインズウォーカーを利用して対戦相手の同プレインズウォーカー・タイプのプレインズウォーカーを除去するというシステムを、R&Dは好ましく思っていなかったため。
    • プレインズウォーカーは先に出した側のみが忠誠度能力を利用でき、後に出す側は除去するだけで終わってしまうため、先出し有利なシステムだった。このことは、同タイプのプレインズウォーカーが環境に存在する場合、重い方の使いづらさを上げることにつながってしまっていた。
  • デザインの幅を広げるため。
    • 信仰の足枷/Faith's Fettersのような戦場に残すタイプのカードを用いると、手札にある同一の伝説のカードやプレインズウォーカーまで除去することにつながってしまう。そのため、信仰の足枷のようなカードを作りづらくなっていた。
    • クローン系のカードの利用価値が高くなりすぎていたため、強力なクローンの亜種を作りづらくなっていた。
    • 伝説の土地は不利益が多すぎた。

[編集] 神河物語より前のルール

神河物語発売に伴う2004年10月1日の総合ルール更新より前のレジェンド・ルールでは、同名の伝説のパーマネントは、その名前で最も長く伝説であり続けたパーマネントのみが戦場に残り、残りは墓地に置かれるようになっていた(同時に2体以上戦場に出た場合はすべて墓地に置かれる)。要するに「後から出したものが墓地に置かれる」というルールであった。

また、クリーチャーに関してはレジェンドというクリーチャー・タイプが与えられており、それが「伝説の」と同じ役割をしていた(銀のゴーレム、カーン/Karn, Silver Golemなど、最初から「伝説のクリーチャー」と表記されているものも一部存在したが、オラクル更新でレジェンドを持つように変更されていた)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif